このページの本文へ

Kindle/iPad対応!電子書籍の作り方 (4/7)

2010年08月09日 10時00分更新

文●古籏一浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

EPUB形式のデータを作成する

 EPUB形式はXHTMLファイルとスタイルシートファイル(CSS)、画像、関連ファイルをまとめてZIP圧縮したものです。つまり、Webページで使用しているXHTMLとCSSを、電子書籍向けに流用したものと言えます。

 XHTML+CSSとはいえ、EPUBはWebに比べるとできることは限られており、古くからWebを手がけた人であれば「1994年頃のWeb」と同じような感覚を覚えるかもしれません。たとえば、位置の指定は「左揃え」「中揃え(センタリング)」「右揃え」のみで、CSSで文字や画像を任意の場所にレイアウトする、といったことはできません。EPUB形式のデータは、「制作者が自由にレイアウトできない」という性質を踏まえて制作する必要があります(昔ながらのtableを利用したレイアウトは一応できますが、表示結果は電子書籍リーダーによって差があります)。

 EPUB形式の作成には、一般的なテキストエディターや、DreamweaverなどのWeb制作用のオーサリングツールが利用できます。また、DTPソフトのInDesignでも作成できます。ただし、実際の制作では、メタ情報などを一括して編集できる専用のオーサリングツール「Sigil」を使うのが便利です。SigilはWindows、Mac OS X、Linuxに対応しています。


 上のURLからダウンロードしたらSigilを起動します。ウィンドウが表示されるのでテキストデータを入力するか、ペーストします。

起動するとウィンドウが1枚表示される

起動するとウィンドウが1枚表示される

文字を入力するかペーストする

文字を入力するかペーストする


 文字の装飾などもSigilで設定できますが、細かい文字サイズや行間は調整できません。文字サイズや行間、色をより細かく指定するにはスタイルシートで定義する必要があります。

文字の装飾などはSigil上でもある程度は指定できる。より細かく調整した場合はスタイルシートファイルを編集する

文字の装飾などはSigil上でもある程度は指定できる。より細かく調整した場合はスタイルシートファイルを編集する


 データの作成が終わったらEPUB形式として保存します。

EPUB形式で保存する

EPUB形式のファイルが作成される

EPUB形式のファイルが作成される


 作成したEPUBデータをiPadに転送してチェックします。iTunesを経由して同期させるとiPadのiBooksで閲覧できます。

iBooksに作成したEPUB形式の本が表示される

iBooksに作成したEPUB形式の本が表示される

iBooksで表示を確認する

iBooksで表示を確認する

400


 EPUB形式の場合、PDFと異なりリーダー側で文字サイズを変更できます。このため、視力が弱い高齢者などでも文字を大きくして閲覧できます。

文字サイズを変更できる

文字サイズを変更できる


 文字を大きく(もしくは小さく)すると、文字サイズに応じて自動的に再レイアウトされるため、EPUB形式では「総ページ数」が変化します。PDFの場合、ページ数が変わることはありえませんが、EPUB形式では文字サイズや表示画面によってページ数が大きく変動します。

文字サイズによってページ数が変化。上がiBooksのデフォルトの文字、下が文字サイズを大きくした場合。ページ数が変化しているのが分かる


 ページ数の増減があるため、「○○ページを参照」といったページ数を使ったポイントはできません。EPUB形式はPDFと違い、制作者が意図したとおりにユーザーへ見せるのは難しいフォーマットです(画像のみで構成する場合はこの限りではありません)。また、レイアウト機能に制限があるため、雑誌などの複雑なレイアウトを要求する電子書籍には向いていません。

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く