このページの本文へ

Kindle/iPad対応!電子書籍の作り方 (2/7)

2010年08月09日 10時00分更新

文●古籏一浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

どのような電子書籍リーダーがあるのか

 電子書籍のリーダー(読書端末)には、iPhone/iPad、Kindle、パソコン、携帯電話などがあります(海外ではNook、Sony Readerなどもある)。それぞれのリーダーは以下のようなデータフォーマットに対応しています。

PDF EPUB
iPad/iPhone (iBooks)
Kindle ×
Sony Reader
Nook
携帯電話(一部) ×
パソコン

 Kindle/Sony Readerのように特定の形式にのみ対応している専用端末もあれば、ユーザーがアプリケーションを追加してさまざまな形式に対応できる汎用端末もあります。たとえばiPadには、EPUBデータとPDFデータに対応した「iBooks」という電子書籍リーダー(アプリケーション)が標準で用意されていますが、iBooks以外にも数多くの電子書籍リーダーが存在します。特にPDFと青空文庫形式に対応した「i文庫HD」は非常によくできたアプリケーションで人気を集めていますし、PDFに対応した「CloudReader」「GoodReader」といったリーダーも利用されています。

 iPadのようにユーザーが自由にアプリケーションを追加できるのは確かに便利ですが、反面、制作側からすると複数のフォーマットのデータを用意しなければならないデメリットもあります。EPUBやPDFの中間フォーマットを作成するツールもありますが、データの管理やワークフローは煩雑になり、制作現場はかえって混乱してしまうでしょう。

 次ページから、実際に電子書籍のデータを作りながら、こうした複雑な状況の背景を探っていきましょう。

iPad上で電子書籍データを見るには

 電子書籍データを表示する方法は電子書籍リーダーやアプリケーションによって異なります。ここではiPad(iBooks、i文庫HD)に電子書籍のデータを転送してみましょう。

 まず、iTunesを起動しiPadをMac/Windowsと接続します。接続後、同期処理が終了したら作成したデータを転送します。iBooksの場合はPDF形式やEPUB形式のファイルをMac/Windows側の「ブック」にドラッグドロップしコピーし、iPadで同期すれば電子書籍データが転送されます(iPhone (iOS4)の場合はiPhoneのブックの中に直接ドラッグ&ドロップするとコピーされます)。

iPadのiBooksの場合、Mac/Windows側のブックにコピーした後、同期させるとPDF、EPUBデータが転送されます

iPadのiBooksの場合、Mac/Windows側のブックにコピーした後、同期させるとPDF、EPUBデータが転送される


 iBooks以外のアプリケーションの場合は、iTunes上のiPadを選択しAppタブをクリックします。すると下の方にファイル共有できるアプリケーションの一覧が表示されます。ファイルを転送したいアプリケーションを選択してから、電子書籍データをドラッグ&ドロップすると転送できます。

iPadのアプリケーションの場合は、Appタグで表示されるアプリケーションを選択してからデータをコピーします

iPadのアプリケーションの場合は、Appタグで表示されるアプリケーションを選択してからデータをコピーする


 i文庫HDのように内蔵するFTPサーバーを使ってファイルを転送できるアプリケーションもあります。こうした機能に関してはアプリケーションのマニュアルを参照してください。

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く