このページの本文へ

サービス名は「Webアプリケーションセーフティサービス」

KBMJ、SaaS型WAFサービスの提供開始

2010年07月30日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月29日、ケイビーエムジェイは、SaaS型WAF(Web Application Firewall)サービス「Webアプリケーションセーフティサービス」の提供を開始した。

「Webアプリケーションセーフティサービス」のサービスイメージ

 Webアプリケーションセーフティサービスは、クロスサイトスクリプティング(XSS)、SQLインジェクションなどサーバー/アプリケーションの脆弱性を悪用したサイト攻撃を防御するためのSaaS型WAF。

 同社データセンターにバラクーダネットワークスの「Barracude WAF」を導入しており、24時間365日で運用監視する。また、従来までの専有型と比べ、サイトアクセスのためのDNS設定変更のみで利用可能と手軽で、利用料金は月額4万円からとリーズナブルとなっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ