このページの本文へ

大日本印刷と凸版印刷、「電子出版制作・流通協議会」を設立

文●通販通信

2010年07月29日 10時12分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

大日本印刷と凸版印刷は7月27日、2社を発起人とする「電子出版制作・流通協議会」を設立した。

 「電子出版制作・流通協議会」は、出版業界との密接な連携のもと、日本の電子出版ビジネスの成長と健全な発展のための環境整備を目的としたもの。電子出版ビジネスの発展に必要な課題の整理と検証、配信インフラ基盤に関わる問題解決、市場形成における検証や電子出版振興に関わる提言などを展開する。出版関連団体や権利者および行政機関との連携をはかることで、電子出版の発展を目指す。

 活動内容としては、「電子出版制作・流通ビジネスに関連する情報共有」「制作・規格・仕様・流通に関する協議」「電子出版ビジネスの発展と普及に関わる活動」「電子出版制作・流通ビジネスにおける日本モデルの検討及び協議」「商業・公共・教育・図書館等電子出版関連分野に関する情報共有」を挙げている。

 なお、同協議会には、出版社、印刷会社、ソフトウエア会社など89の企業や団体の参加が決定している。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く