このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

迷わず行けよ! PNDで渋滞知らずの快適ドライブ! 第2回

夏のPND新モデルをレビュー!【Trywin Pocket編】

2010年07月21日 12時00分更新

文● 真鍋裕行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エントリーモデルとしては合格点

 「DTN-X651」は、価格が抑えられているぶん、FM-VICSやビーコンなどの渋滞情報を受信できる機能がないため、道路の混雑状況がわからない。だが、もし一般道を走っていて渋滞していたら、収録されている「ぬけみちデータ」を使うと渋滞を回避できる可能性が高い。抜け道は水色で表示されるので、渋滞中の道を迂回できるルートを探すことができる。よく使う道を走っていても、こんな抜け道もあったのか、と抜け道を覚えるのにも使えた。

高速道路では直近のインターやPA・SAが大きく表示されるので、確認しやすい

ハイエンドモデルではGPSと加速度センサーなどで現在位置を割り出しているが、このモデルはGPSのみなのでトンネル内ではちょっと厳しい

 最後に自車位置の表示性能についてだが、GPSだけで測位しているため、トンネルや高層ビル群などを走るときには自車位置を見失いやすいという欠点がある。それでもトンネルを抜ければ、すぐにGPSが自車位置を測位し表示も元に戻るが、高速道路の下や立体交差が多い道を走るときは若干心許なかったのも確かだ。

 「DTN-X651」は、ハイクラスのPNDに比べれば性能的にやや劣るところもあるが、それでもWVGAの5インチモニターを採用し、内蔵メモリーも4GBというスペックで、低価格を実現しているところは評価できる。カーナビとしての機能がある程度あって、とにかく安いPNDを探している人にはオススメだ。

2Dマップのみとはいえ、地図自体は見やすいし、ナビとしての機能が大幅に劣るようなことはない

FM-VICSがないので、渋滞に弱いという欠点を持つが、そのぶん「ぬけみちデータ」を活用すればそのハンデを多少は補えるだろう

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン