このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Thermaltake「THERMALCAMP 2010 IN AKIHABARA」

Thermaltakeが「THERMALCAMP 2010」を開催!

2010年07月17日 23時52分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 17日(土)、CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原にて毎夏恒例となるThermaltake主催のイベント「THERMALCAMP 2010 IN AKIHABARA」が開催された。イベントでは「COMPUTEX TAIPEI 2010」で発表された新製品が国内初登場。さらに、豪華景品がてんこ盛りの「感謝大抽選会」もあり、暑いなか多くユーザーが来場していた。

会場
CAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原にて、今年も夏恒例となるThermaltake主催のイベント「THERMALCAMP 2010 IN AKIHABARA」が開催された。日本未発売の製品が見られるということで、多くのユーザーが訪れていた

 イベントでは、Thermaltakeブランドとなる新製品のケース、CPUクーラー、電源などのPCパーツに加えて、「LUXA2」ブランドのApple向け新製品と、「Tt ESPORTS」ブランドのゲーミング製品などの展示、解説が行なわれた。基本的には「COMPUTEX TAIPEI 2010」でのThermaltakeブースを再現したかたちで、国内ユーザーへのお披露目会ともいうべき内容だ。ここでは会場で気になった製品を中心にイベントの様子をお届けしていこう。

HDDドッグ搭載のBlacXシリーズ
「V9 BlacX Edition」と「V6 BlacX Edition」

「V9 BlacX Edition」
トップにHDDドックを2台搭載したBlacXシリーズの上位モデル「V9 BlacX Edition」。HDDドックはSATA接続で2.5/3.5インチ両対応のため、当然SSDも搭載可能だ

 トップに配置された2台のHDDドックが特徴的な「V9 BlacX Edition」。HDDドックはSATA接続で、2.5/3.5インチ両対応。さらにトップにはUSB3.0対応ポートを1機搭載している。
 主なスペックは、全体サイズが215(W)×480(D)×490(H)mm、HDDドック以外のベイ数はオープンベイが5インチ×3と3.5インチ×2、内部ベイが3.5インチx5という構成だ。冷却システムはフロントが12cmファン(1000rpm/16dBA/14cmファンに交換可能)で、リアが12cmファン(1300rpm/17dBA)、トップが23cmファン(800rpm/15dBA)となっている。発売は8月下旬予定で、予価は1万6000円前後。

「V6 BlacX Edition」
こちらはHDDドックが1台となる「V6 BlacX Edition」。「V9 BlacX Edition」より約4000円安い廉価版となる

 一方、廉価版となる「V6 BlacX Edition」は、搭載されるHDDドックが1台となりUSB3.0ポートも未搭載となる。主なスペックは、220(W)×490(D)×462(H)mm、HDDドック以外のベイ数は5インチ×8で、製品には3.5インチや2.5インチベイとして使う変換マウンタが付属する。冷却システムはリアが12cmファン(1300rpm/17dBA)、トップが20cmファン(800rpm/15dBA)でオプションとしてフロント、トップ、サイドにそれぞれ12cmファンを追加出来る。発売は8月上旬予定で、予価は1万2000円前後。

ARMORシリーズのキューブタイプ「ARMOR A30」や
AMD、NVIDIAバージョンのケースも

「ARMOR A30」 キューブタイプながら30cmを超えるビデオカードを搭載できるなど、高い拡張性を実現した「ARMOR A30」。冷却性能にも配慮されており、トップに大型の23cmファンを搭載している。サイズは298(W)×398(D)×246(H)mmで、ATX電源が搭載可能だ。現時点で発売日、価格とも未定となっている
AMD Edition
フロントパネルがAMDカラーで赤色LED付きファン搭載の「ARMOR A90 AMD Edition」(写真左)と「ARMOR A60 AMD Edition」。両製品とも販売の予定はあるものの、具体的な展開についてはこれから検討するとのこと
「Element V NVIDIA Edition」
こちらはNVIDIAカラーに配色された「Element V NVIDIA Edition」。3D VISIONによる3Dデモが行なわれていた。こちらの製品も今のところ発売日、価格とも未定だ

Thermaltake初の「80PLUS GOLD」認証電源
「Toughpower Grand」シリーズ

「Toughpower Grand」
丸みを帯びた外観が特徴的な、Thermaltake初の80PLUS電源「Toughpower Grand」シリーズ。高品質の内部回路、平均寿命6万5000時間(@40℃)という長寿命のオリジナルファン、シャットダウン後も内部回路を冷却するFanDelayCool機能を搭載するなど、最上位にふさわしいスペックを誇る

 Thermaltakeとしては初の「80PLUS GOLD」認証電源となる「Toughpower Grand」シリーズ。750Wモデルと650Wモデルの2種類が用意されている。12Vは最近流行りの1レール構成で、750Wでは60A、650Wでは52Aを実現している。高品質なパーツを使い、電源としては非常に長い7年という長期保証となる。両モデルとも8月下旬発売予定で、価格は750Wが2万円前後、650Wが1万8000円前後の予定だ。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中