このページの本文へ

無料トランプゲーム「52Anthem」がクリアできません!

2010年06月14日 19時00分更新

文● 倉西誠一(@kararemichi

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 52Anthem 1.0.1

 作者:RucKyGAMES
 価格:無料


RucKyGAMES史上、最もクリアが難しいのではないかと思われる52Anthem

 RucKyGAMES史上、最もクリアが難しいのではないかと思われるトランプゲームがリリースされました。その名も「52Anthem」。Anthemってなんだー(聞いたことはある)と思ったので検索してみたら、賛歌、聖歌、(グループを代表する)歌……だそうです。ゲームとは関係ないようですね。

 では、具体的に何をするゲームなのか見ていきましょう。

 大枠で言いますと、このゲームは手札を全部出すことができればクリアです。手札は5枚、6枚、7枚のいずれかに設定できまして、その出し方にルールがあるわけです。悪いことは言いません。7枚にしておきましょう、迷わずに。というか、7枚をメニューの一番上にしてほしい。間違えるからorz

 はい、こちらがまっさらな状態です。52枚のカードから、7枚が選ばれて手札にあります。

ゲーム立ち上げ直後のまっさらな状態

 1枚出しました。ダイヤの9です。ゲームスタートです。この後は、場に出ているカードと同じマークか、あるいは数字のカードしか出せません(1枚出すと、1枚手札に追加され、最終局面に到達するまで、手札は常に7枚です)。そうやってどんどんカードを出せれば出していって、すべて出し切ることを目指すわけです。

1枚出してゲームスタート。まずはダイヤの9です

 次に僕はダイヤの6を出しました。他に出せるカードもなかったわけですが、ダイヤの6を出せば、その次にハートの6が出せます。ハートの6が出せれば、ハートのカードはいっぱいありますから、どんどん出していける! てな感じで、ガスガスいきたいところなのですが……はい、ゲームオーバー。

ダイヤの6の後、ハートの6を置く。これでハートのカードをガスガス出していける!……はず!!

 結果としては、たったの14枚しか出せていません。

たったの14枚でゲームオーバー

 というゲームなのですが、これがおもしろい……といいますか、ムキになってしょうがない。運が悪いと2枚とかで終わってしまうのですが、運と、なんとなく自分の出し方がハマればどんどん行きます。48枚とか、すばらしくないですか……って、クリアではないわけですが。

48枚とか、すばらしくないですか……! クリアできてませんが

 おや? と。ここまで十数回プレイして気がつきました。下の表。これは何を出すことができるかということと同時に、何が出ていったか、つまり残りのカードが何かも示しているではありませんか! ということは? ここに注意しながらバランスよく手札を出していけば、もしかして……ひょっとすると……。

何を出せるのかと同時に、残りのカードが何かも示している!

 力尽きました。

残り1枚。初クリアの夢は破れました

 残り1枚というところまできましたが、初クリアの夢は破れました。さすがに気力が失せたので、1時間くらいは手をつけないでおこうかと思っていますが、おもしろいです。先にも書きましたが、おもしろいというか、ムキになってプレイしてしまいます。やめられませんが、がんばって何かが報われるということもありませんが、くやしい……無料アプリでもあることですし、ぜひ、このくやしさを味わってみてください。無駄に負けず嫌いの方にオススメです。


筆者紹介──倉西誠一


石川県金沢市出身の元・電撃PlayStation編集長。著書は「モンスターハンター」シリーズのプレイログである「狩られ道」「狩られ道豪黒毛」(いずれもアスキー・メディアワークス)だが、最近はすっかりiPhoneゲーマー。Twitterアカウントはkararemichi



■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中