このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第94回

メモリ界の大御所CORSAIRが作るSSDはやっぱり凄かった

2010年07月10日 12時00分更新

文● 池座 優里

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CrystalDiskMark3.0
All 0x00(0Fill)

 SandForce製のコントローラは内部でデータを圧縮して高速化を実現しているため、テストデータのパターンによって速度が変わってくる。CrystalDiskMark 3.0ではテストデータのパターンを、ランダムデータで圧縮効率の悪い「ランダム」、0x00で統一されデータ圧縮効率の高い「All 0x00(0Fill)」、0xFFで統一され同じくデータ圧縮効率が高い「All 0xFF(1Fill)」の3種類から選択できるようになっている。この結果により、SSDに使用されているコントローラがどのようなデータに強いのか確認することが出来る。

CORSAIR「CSSD-F60GB2-BRKT」(60GB)

50MB

100MB

500MB

1000MB

2000MB

4000MB

CORSAIR「CSSD-F120GB2-BRKT」(120GB)

50MB

100MB

500MB

1000MB

2000MB

4000MB

CORSAIR「CSSD-F240GB2-BRKT」(240GB)

50MB

100MB

500MB

1000MB

2000MB

4000MB

Intel「SSDSA2MH080G2R5」(80GB)

50MB

100MB

500MB

1000MB

2000MB

4000MB

CrystalDiskMark3.0
All 0xFF(1Fill)

CORSAIR「CSSD-F60GB2-BRKT」(60GB)

50MB

100MB

500MB

1000MB

2000MB

4000MB

CORSAIR「CSSD-F120GB2-BRKT」(120GB)

50MB

100MB

500MB

1000MB

2000MB

4000MB

CORSAIR「CSSD-F240GB2-BRKT」(240GB)

50MB

100MB

500MB

1000MB

2000MB

4000MB

Intel「SSDSA2MH080G2R5」(80GB)

50MB

100MB

500MB

1000MB

2000MB

4000MB

 一方で、圧縮率の高い「All 0x00」、「All 0xFF」の結果ではシーケンシャルリード/ライトとも260~270MB/s前後で、これはSATA2.0(3Gbps)の限界に近い性能だ。
 また、シーケンシャルと512Kのリードの結果をみるとIntel製「SSDSA2MH080G2R5」では60MB/sと大きく数値が落ち込むのに対して、「Forceシリーズ」では10MB/s前後と数値の落ち込みが少ないことがわかる。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中