このページの本文へ

靴のECサイト「Tokyo Shoes Graffiti」がオープン

文●通販通信

2010年07月05日 10時21分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

靴販売大手のチヨダは7月3日、当期の目標である若年層の顧客拡大を図る施策として、若年層向けの男女別ECサイト「Tokyo Shoes Graffiti」を開設した。

 「Tokyo Shoes Graffiti」は、若者向けに新しい販路を増強したサイトで、男女それぞれに向けたサイトデザインになっている。また、同社のPB商品「セダークレスト」やNPB商品「ショーン・パーマー」をはじめ、「NIKE」や「アディダス」など若年層に人気のある男女合計70ブランド1000点以上を販売。990円から4万円台の商品までを幅広く取り扱い、商品は順次増やしていく予定だ。

 今後、サイト限定商品やサイト主催のファッションイベントなども展開し、オリジナルコンテンツも充実する。買い物だけでなく、楽しめるサイト作りを目指し、7月中旬から下旬にはモバイル向けもオープン予定。同社は初年度1億円の販売を見込んでいる。

 また、同社ではサイトオープンに合わせ、専用の倉庫を確保し、スムーズな商品発送に対応できる体制を整備。オリジナルの包装紙やノベルティなども作成している。

 ■「チヨダ 男性向けサイト」(http://tokyoshoesgraffiti.jp/mens/)    「チヨダ 女性向けサイト」(http://tokyoshoesgraffiti.jp/girls/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く