このページの本文へ

2010年7月開始アニメ特集 第2回

アニメ番組改編期に突入! 夏アニメはコレを見よ!【第2夜】

2010年06月30日 18時00分更新

文● コンテンツ計画

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今また、乱世の幕が上がる
「戦国BASARA弐(ツー)」

作品解説
 2005年にCAPCOMから発売された、戦国時代を舞台にした3Dアクションゲーム「戦国BASARA」が原作。伊達政宗、真田幸村、織田信長、上杉謙信、武田信玄などの武将が夢の対決をするという、奇想天外で豪華な設定がヒットし、男性だけでなく女性にもファンを持つほどの人気シリーズとなった。「戦国BASARA」から「戦国BASARA バトルヒーローズ」までの全5作の累計本数は、150万本を突破しており、7月には待望のナンバリングタイトル「戦国BASARA3」の発売も予定されている。
 また、ゲームだけでなく、コミカライズをはじめとする関連書籍やドラマCD、サントラ、トレーディング・カード、フィギュア……とマルチ展開がなされていることからも注目度の高さを窺い知ることができる。
 昨年4月にはファン待望のTVアニメーション化されて人気を博し、本作は満を持しての第2シリーズとなる。

あらすじ
 今また、乱世の幕が上がる  天下を狙う兵(つわもの)たちが、より熱く、さらに激しく、それぞれの胸に切なる傷と刃を抱き、戦場へと帰ってきた―
 時は、群雄割拠の戦国時代……!
 名だたる猛将たちの中でも、「天下布武」を掲げて急激に他国への侵攻を推し進めていたのは、尾張の第六天魔王・織田信長。圧倒的な武力に恐怖と殺戮による圧政で、冷酷無比に他国を蹂躙した信長との天下二分の死闘の後、川中島では、武田信玄と上杉謙信が雌雄を決するべく、武田と上杉の両軍が激しい攻防を繰り広げ、激突していた。
 その一方、川中島端では宿命に結ばれし蒼紅……奥州筆頭・独眼竜こと伊達政宗と真田幸村もまた、ともに待ち望んだ勝負の刻を迎えていたのだった。
 そこに突然の奇襲の報が届く。武田・上杉・伊達の三軍は、川中島の地で謎の大軍勢によって包囲されてしまうことになる。
 謎の軍を率いし者……それは、魔王・織田信長亡き後の日ノ本に再び大乱呼ぶこととなる戦国の覇王・豊臣秀吉、その人の出現であった。
世は再び、乱世となる――!!!

スタッフ
原作:CAPCOM
原作監修:小林裕幸(CAPCOM)、山本真(CAPCOM)
監督:野村和也
シリーズ構成:むとうやすゆき
キャラクターデザイン:大久保徹
アニメーション制作:プロダクション I.G
製作:TEAM BASARA

オープニングテーマ 未定
エンディングテーマ 未定

キャスト
伊達政宗:中井和哉
真田幸村:保志総一朗
前田慶次:森田成一
片倉小十郎:森川智之
武田信玄:玄田哲章
猿飛佐助:子安武人
長曾我部元親:石野竜三
毛利元就:中原茂
上杉謙信:朴璐美
かすが:桑谷夏子
前田利家:坪井智浩
まつ:甲斐田裕子
竹中半兵衛:石田彰
豊臣秀吉:置鮎龍太郎
ほか

テレビ放送情報
MBS 7月11日から毎週日曜日17:00~
TBS 7月11日から毎週日曜日17:00~
CBC 7月11日から毎週日曜日17:00~
RKB 7月11日から毎週日曜日17:00~
HBC 7月11日から毎週日曜日17:00~
ATV 7月11日から毎週日曜日17:00~
IBC 7月11日から毎週日曜日17:00~
TBC 7月11日から毎週日曜日17:00~
TUY 7月11日から毎週日曜日17:00~
TUF 7月11日から毎週日曜日17:00~
BSN 7月11日から毎週日曜日17:00~
SBC 7月11日から毎週日曜日17:00~
UTY 7月11日から毎週日曜日17:00~
TUT 7月11日から毎週日曜日17:00~
MRO 7月11日から毎週日曜日17:00~
SBS 7月11日から毎週日曜日17:00~
RSK 7月11日から毎週日曜日17:00~
RCC 7月11日から毎週日曜日17:00~
BSS 7月11日から毎週日曜日17:00~
TYS 7月11日から毎週日曜日17:00~
ITV 7月11日から毎週日曜日17:00~
KUTV 7月11日から毎週日曜日17:00~
NBC 7月11日から毎週日曜日17:00~
RKK 7月11日から毎週日曜日17:00~
OBS 7月11日から毎週日曜日17:00~
MRT 7月11日から毎週日曜日17:00~
MBC 7月11日から毎週日曜日17:00~
RBC 7月11日から毎週日曜日17:00~
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

公式サイトURL http://www.sengokubasara.tv/

→次ページへ続く

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ