このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「msiお客大感謝祭」

msi国内初登場製品が続々! 3Dノートからお掃除ロボまで

2010年06月26日 23時51分更新

文● 池西 樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オリジナルFAN「TwinFrozr」搭載のGeForceGTX4シリーズ

「N465GTX Twin Frozr II GE」は同社独自のTwin FrozrIIのフィン/ヒートパイプが銅製となっているモデル。全世界で3000枚の限定生産で、クーラーにはシリアルナンバーが刻印される。7月上旬発売予定で、価格は3万4000円程度

Twin FrozrIIを採用したGeForce GTX 480搭載モデルとなる「N480GTX Twin Frozr II」と同GTX 470を搭載した「N470GTX Twin Frozr II」。いずれもリテールファンより温度は16℃程度下がり、静音性も高い。両モデルとも7月下旬発売予定で、価格は未定

なぜ? 超音波センサーで障害物を検知するお掃除ロボも

一風変わった製品として、全自動お掃除ロボットも展示。「COMPUTEX TAIPEI 2010」でも、「なぜmsiが?」と話題となった。今回は超音波センサー式の「M-800」が実際に障害物を検知し、壁などに接触することなく掃除するデモを実施。年末頃発売予定というから同社は本気らしい。価格は未定ながら、他社のお掃除ロボットよりは安くするという

「改造バカ一台」も飛び入り参加のトークセッション

もはやお馴染みの顔であるエムエスアイコンピュータージャパン株式会社マーケティング部 部長 石岡宣慶氏によるトークセッションでは、新製品やMSI製品の品質についての説明が行なわれた。また途中「改造バカ一台」で有名なライターの高橋敏也氏が飛び入りで参加するサプライズもあった

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中