このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 第26回

ニコニコ動画に隠れた、生の芸術 「ジャガボンゴ」の魅力を探る

2010年06月26日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

突然、頭にアフリカが

―― 「ジャガボンゴ」をお風呂で思いついたというのは本当ですか?

こんP 本当です。突然、頭にアフリカが入ってきたんですよ。ただ再生数は伸び過ぎだろうと思います。あれは2時間くらいで作ったものなのに、もっと気合を入れて作ったものは全然伸びてないし。意味が分からないですね。

お風呂で頭にアフリカが入ってきて生まれた動画

―― 最初からいきなり伸びましたか?

こんP いいえ、最初はまったくの無名状態でしたから。「VOCALOIDアンダーグラウンドカタログ」に拾ってもらってからですね、再生数が伸び始めたのは。

VOCALOIDアンダーグラウンドカタログ : ニコニコ動画の中にある動画シリーズ。ノイズミュージックや音響音楽、インプロビゼーション(即興)、フリーサウンドなど、型にはまらない実験音楽をまとめたアンダーグラウンドシーンのオンラインミュージックをカタログ化したもの

―― ニコ動のアングラシーンは見ていますか?

こんP あんまり見ていないです。ただ、あのカタログがなかったら「アングラ族」みたいな、変なことをやっている人たちは見えなかった。他の音楽との差異がはっきりしたのは、良いことだったのかなと思います。



―― 「ジャガボンゴ」の派生バージョンの多さについてはどう思います?

こんP ジャガボンゴ自体が薄いからじゃないかと思っているんです。転調もないし、単純なメロディだし、素材として扱いやすいからじゃないかと思うんです。それと、歌っているときの気持ち良さは意識しています。意味ないとは言っても、若干日本語っぽい意味がないでもない、という。たとえばタイトルは全部濁点が入っているんですが、濁点って気持ち良くないですか?

こんぺいとうP(a.k.a. competor)

―― なるほど。ちなみにどのバージョンが好きですか?

こんP それはあまり決めたくないですね。それで派生バージョン使ったリミックスをつくったんです(A-2 Jagabongo)。それがぼくなりの感謝の気持ちなんですけど。

鈴鳴 あれ、12月25日に出ているんですよね! やっぱりクリスマスプレゼントみたいな意味だったんですか?

こんP そこは意識しています。

鈴鳴 俺すごく嬉しかったんですよ。ぼくのバージョンの声を使ってもらってるんですよね!

鈴鳴さんも喜ぶ「A-2 Jagabongo (Steppin and Tradd mix)」

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン