このページの本文へ

伊藤忠商事が7月より開始するサービスで利用できる

ジェイサート、クラウド向け証明書で伊藤忠とタッグ

2010年06月23日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月22日、ジェイサートは伊藤忠商事とスターフィールドSSLサーバー証明書の販売において協業すると発表した。

ジェイサートは伊藤忠商とスターフィールドSSLサーバ証明書の販売において協業すると発表

 今回の協業により、伊藤忠商事が7月より開始する「日本国内及びアジア市場向けクラウドサービス」において、スターフィールドSSLサーバ証明書の利用ができるとのこと。

 スターフィールドSSLサーバー証明書は、1枚(1ライセンス)のSSL証明書でありながら、ドメイン名が異なる複数のサイトを同時に暗号化でき、複数サイトが複数サーバーに分散収容(物理・仮想を問わず)されていてもライセンスの追加購入の必要がない。そのため、クラウドサービスとの親和性がきわめて高いとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ