このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 第19回

iPadでモテるアプリを使いこなす技

2010年06月22日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プライベートを充実させる地味な神アプリ

e六曜 HD

「e六曜 HD」で普段海の底に沈んでいる地層が顔を出す日を狙う

 人に見せてもインパクトは少ないが、筆者が重宝している神アプリをご紹介しよう。1番バッターはカレンダーソフト。普段は河川敷でイルカやクジラの化石を発掘している筆者だが、大潮の時は銚子に繰り出して、サメの歯ハンティングを楽しんでいる。予定を立てる際に必要なのは、月齢と潮の満ち引き、そして日の出の時刻だ。

 これらは、天文情報センターのウェブサイトなどで調べることもできるが、「e六曜 HD」(115円)なら簡単に検索できる。スケジューラーとしては使えないが、月齢と潮、日の出、曜日が確認できれば十分だ。休日と大潮が重なったら始発でお出かけ。手のひらサイズの「カルカロドン・メガロドン」の歯が出た日には祝杯だ。

カル・メガの歯

筆者がゲットしたカル・メガの歯。また銚子の犬吠埼に行きたいもの

 いくら筆者がiPad万歳とはいえ、Windowsマシンでないとできないこともある。クラウドサービスが人気を集めているとは言え、10TBもあるデータをアップロードできるわけもない。やはり、自宅のパソコンにアクセスするリモートデスクトップ環境は構築しておきたい。しかし、iPhoneの時に使っていた「Jaadu Remote Desktop for Windows」(2900円)は、iPad版が出ていない!

 そこで泣く泣く「iTeleport:Jaadu VNC for iPhone/iPad」(2900円)を購入することに。そんなことなら、iPhoneの時からVNC版を選べばよかった。

iTeleport: Jaadu VNC

「iTeleport: Jaadu VNC」で自宅のWindows 7にアクセス

 iTeleportでリモート接続環境を作るには、Windowsのリモートデスクトップ接続ではなく、別途VNCアプリケーションをパソコンにインストールして、サーバーとして設定する必要がある。フリーソフトの「UltraVNC」と、開発元のウェブサイトで公開している「iTeleport Connect」を使えば、特にトラブルもなく接続できた。ポートの転送さえ設定すれば、外出先からもアクセス可能だ。さすがにiPadは解像度が高いので、iPhoneよりも格段に操作しやすい。2900円出す価値は確実にある。

 iPadを人に渡すと「写真」アプリを速攻で起動されることが多い。ココには、プライベートな写真を入れておくことは避けたい。妻には見せられない子猫の写真や、友人に知られたくない風景の写真などをiPadに保存するなら、写真管理専用のアプリが必要になる。しかし、パスワード機能を備えているアプリとなると数が少なく、完成度も高くはない。それでも背に腹は代えられぬと言うことでいくつか試した。

 「Photo-Sort for iPad」(230円)はFTP転送が面倒。パスワードが4桁というのもいささか不安だ。お勧めは「Private Media Folders 」(450円)。アプリ名に「Private」という目立つ単語は入れないでほしいものだが、パスワードの文字数が多く、写真に加えて動画も保存できるスグレモノ。ファイルの転送はUSBケーブル接続なので、高速なのもうれしいところ。

Private Media Folders

「Private Media Folders」で秘密の写真と動画を管理する

 iPadは2chビューワーとしても便利だ。iPadを使う場所によっては人目に触れないことを確認する必要があるが、2chを大画面で読めるのは快適だ。ただ、iPad用のビューワーがまだ揃っていないのが残念。そこで、iPhone用の「BB2C」(無料)を拡大表示して使っていたが、文字が汚くつらい。現在は、仕方がなくSafariで公式ビューワーの「p2.2ch.net」を表示している。無料で使うなら書き込みはできないが、iPadの大きな画面を活かせる。

BB2C

iPhone用の2chビューワ「BB2C」

2chは「p2.2ch.net」で閲覧

2chは「p2.2ch.net」で閲覧。書き込みするなら5000モリタポ/年が必要

 iPadのアプリは急ピッチで増えている。価格の高止まりも一段落したようで、iPhoneと共用で利用できるアプリも多い。毎日のように、バグフィックスを中心としたバージョンアップがあり、秀逸なニューフェイスも見かける。日を追うごとにiPad(iPhoneもだが)の世界は魅力的になっていく。

 iPhoneでいくつか登場している、睡眠時に実行するアプリがiPadにも登場してくれば、おはようからおやすみまで、ではなく24時間戦えるようになる。そんな素敵すぎるiPadをコミュニケーションやエンターテイメントに活用し、楽しい生活を送っていただきたい。


筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。現在使っているノートパソコンは、東芝のSS RXとMac。とはいえ、1年以上前の製品なので、買い換えを思案中。日経パソコンオンラインで「ビジネスパソコンテストルーム」、週刊SPA!で「デジペディア」を連載するほか、パソコンやIT関連の特集や連載、単行本を多数手がける。近著に「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)、「PDFビジネス徹底活用技」(技術評論社)。


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン