このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

あなたの知らないWindows 第29回

SNSと連動する新しいWindows Live Messenger

2010年06月17日 12時00分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneには専用アプリを提供

iPhone用のメッセンジャーアプリの画面

iPhone用のメッセンジャーアプリの画面。専用アプリになっているので、Windowsのメッセンジャーと同じ使い勝手を実現している

 モバイル機器対応の強化点としては、iPhone用メッセンジャーが提供されることが大きなトピックと言える。これを使えば、Windows上のメッセンジャーと同じ環境が、iPhoneのモバイル環境で実現する。iPhone用アプリの提供時期は、「Essentialsの正式リリースまでには提供する予定」とのことだ。

 一方Windows Mobileに関しては、現在リリースされているメッセンジャー専用ソフトをそのまま利用することになる。

 なお日本の携帯電話では、ウェブブラウザー版を使用することになる。ユーザーインタフェースなどを日本の携帯電話専用にすることで、今までよりも使いやすくなる予定だ。携帯電話は、キャリアごと、機種ごとにウェブブラウザーの機能が異なるが、マイクロソフトではできるだけ多くの機種をカバーできるように、開発を進めているという。NTTドコモであれば、905シリーズ以降をターゲットにしているようだ。

iモードでウェブ版メッセンジャーにアクセス

携帯電話のiモードで、ウェブ版メッセンジャーにアクセスした開発中の画面


新EssentialsではWindows XPはサポート対象外

 冒頭で述べたように、新しいメッセンジャーはWindows Live Essentialsの一部として提供される。2010年6月末から7月頃には、パブリックベータ版として日本語版の提供も始まる予定だ。

 注意が必要なのは、動作環境がWindows 7とWindows Vista、Windows Server 2008/R2となる点だ。つまり、Windows XPでは新しいWindows Live Essentialsは動作しない。また、VistaはService Pack 2とプラットフォーム更新プログラムの適用が必要となっている。

 実際に新しいメッセンジャーを使ってみると、SNSの更新情報の表示が非常に便利だ。さまざまなSNSに投稿された友人たちの情報が時々刻々表示されるため、いちいち各SNSを回覧する作業も必要ない。

 ただし、メッセンジャー自体のウインドウが大きくなるため、いつも表示しておくには、デュアルディスプレー環境などでデスクトップ画面を広くとらないと、使いにくいかもしれない。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン