このページの本文へ

サッカーファンの心理につけこむ卑劣な罠

FIFAワールドカップ開幕直前!サイバー犯罪に注意!

2010年06月10日 06時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月9日、エフセキュアはサッカーファンに向けて、「2010 FIFAワールドカップ」を悪用するサイバー犯罪について注意を喚起した。

後述する無償の最新パッチ確認サービス「エフセキュア ヘルスチェック」。ページは英語だが、日本語にも対応している。サービスを実行すると右の画面が現れてチェックを行える。なお、動作にはJAVAが必要だ

 明日6月11日に南アフリカで開催されるワールドカップだが、その人気に便乗して偽チケットのネット販売やドライブバイダウンロード攻撃、フィッシング詐欺が横行すると同社は予想している。

 ワールドカップの観戦チケットが手に入るという話は、ファンにとってはとても魅力的な話になる。特に開幕直前ともなれば、掘り出し物的にチケットが見つからないかと躍起になるファンも少なくないだろう。

 サイバー犯罪者はその心理につけこむため、格好のターゲットとなってしまう。

 実際にエフセキュアが、ドイツ、スウェーデン、イギリスの3ヵ国で行なった調査によれば、ワールドカップの格安チケットに関するリンクをクリックしてしまうと答えた人は回答者の28%。そのうち8%の人が「絶対クリックしてしまう」と回答したという。

 サーバ犯罪に合わないためには、まずチケットは必ずFIFAのオフィシャルサイトか公認代理店で購入すること。そして万が一、ワールドカップに関する偽のリンクをクリックしてしまい、フィッシングサイトやウイルスが仕込まれたサイトに誘導さてしまった場合に備えて、セキュリティパッチを最新にしておくことが大切だ。

 同社では、ソフトやアプリケーションに最新パッチが適用されているかどうかを確認できる「エフセキュア ヘルスチェック」。そして、マルウェアを検出・駆除する「エフセキュア オンライン スキャナ」を無償で提供しているので、この機会に活用してみよう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ