このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ネットで誰でも「紙の文庫」出版できます ブックス文庫の挑戦

2010年08月06日 12時00分更新

文● 盛田諒/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

右上にQRコードの入った文庫本。これがまだほとんどの読者が知らない「ブックス文庫」だ

 「ブックス文庫」という奇妙な文庫本がある。

 ラインナップは、たとえば劇作家・岡田利規さんの対談集「コンセプション」。中身はいたって普通だ。ところがこの文庫、どこにもバーコードがない。あるのはケータイで読みとれるQRコードだけ。文庫を裏返してみると、そこには「ブックス文庫」という名前が。さらに、「天然文庫」というシリーズ名も入っている。

「天然文庫」は、ブックス文庫の中にあるラインナップらしい

 シリーズのラインナップを見てみると、川内倫子さんやピーター・サザーランドさんの写真集、伝説的なサブカル誌「STUDIO VOICE」の人気ライター・五所純子さんによるエッセイ集など実に様々だ。

 まったく統一感のない、オルタナティブロックのようなこの文庫の狙いはいったい何なのか。東京・原宿のイベントスペース「VACANT」2階にある編集部を訪ね、編集長の松本弦人さんに話を聞いてみた。


刑務所の中でウェブメディアに興味を持って

ブックス文庫編集長の松本弦人さん。メインデザイナーでもある

―― えー、まずは岡田利規さんの「コンセプション」。買わせていただきました。一緒に読んでいた新潮文庫と比べると、かなり紙が厚めですよね。ブックス文庫そのもののデザインをされたのも松本さんなんですか。

松本 はい。厚みについては、悩んだところなんですけどね。ほんとはもっとやわらかい方が開きもいいですし。紙は40種類くらいテストしました。それまでの文庫とはちがう、ちょっと違和感のあるものにしたんですよ。ブックス文庫は写真集などヴィジュアルものが多くて、価格も少し高めですし。

―― そんなブックス文庫なんですが、名前のとおり、オンラインサービス「BCCKS」が関わってるわけですよね。BCCKSをつくったのも松本さんとうかがいました。インターネット黎明期からウェブデザインにかかわっていたわけですか。

松本 90年代の後半、「PopUpComputer」というリンゴ(Mac)用のソフトを手がけてたことがありました。プログラムができるデザイナーというのは珍しかったので、色々なところからウェブ制作の依頼自体はもらったんです。でも、ほとんど断ってました。まだウェブがメディアとして成立してなかったので、あまり興味が持てなかったんですよ。

BCCKS : インターネット上で紙のような作品がつくれるサービス。いわば電子書籍の投稿サイト

PopUpComputer : アスクが出版した、コンピューターで読める絵本。1996年刊行

BCCKS

―― でも、結局はBCCKSでオンラインメディアの仕事をされるわけですよね。ウェブに興味を持ったのはなぜなんですか?

松本 刑務所に入っていたことがありまして。

―― はあ。刑務所に。そりゃまたどうして。

松本 クルマの違反をやりましてね。で、刑務所の中で、ノートにデザインのメモを取ってたんですよ。そこでウェブのラフを描いていたら、すごく考えがまとまるなと思って。これは思考モデルのプラットフォームとして、とても良いものなんだなと。そして、それをすぐ外に出せるようになっている。「あ、これすごく面白いじゃん」と。

刑務所で書いたノート

―― 投獄中にウェブに興味がわいてきたと。

松本 でも、出てきて、ある会社と仕事をしていたら、方針が変わってしまって。それまでにつくっていたソフトを出す場所がなくなった。それをどうにかしたいと思って、「OTOTOY.jp」の竹中くんや、山本と話をしてたんです。

竹中くん : 竹中直純さん。ディジティミニミ代表取締役社長、未来検索ブラジル取締役。2ちゃんねる検索や「モリタポ」システムなどをつくったことで知られる。OTOTOYは音楽配信サイト。村上龍「希望の国のエクソダス」主人公のモデルになったともされている

―― 山本さんとおっしゃるのは、株式会社BCCKS代表取締役の山本祐子さん。

松本 はい。以前、ゲームプロデューサーとして一緒に働いていたんですね。捕まったときにもよく面倒を見てくれて。面会のスケジューリングをしてくれたり、保険の解約を手伝ってくれたり。こりゃ一生かけて恩返ししなきゃと思って。

―― あはははは。シャバに出たら何かしようと。

松本 山本とBCCKSの話をしていて、「こんなことやるからどう?」と。それで始めることになったんですよね。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン