このページの本文へ

AV機器に特化したNASも登場

長時間15倍録画ができるアイ・オーのWチューナーカード

2010年06月02日 10時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GV-MVP/XSW」(左)と「GV-MVP/XS」(右) 「GV-MVP/XSW」(左)と「GV-MVP/XS」(右)。GV-MVP/XSはアンテナ端子が1つしかないため、地デジとBS/CSデジタルの電波を混合する必要がある

 アイ・オー・データ機器から、フルハイビジョン15倍の長時間録画が可能なテレビチューナーカードが6月中旬に発売される。

 製品は3波Wチューナー搭載の「GV-MVP/XSW」(予想実売価格2万円前後)と、シングルチューナーの「GV-MVP/XS」(同1万5000円前後)の2種類。接続はPCI-Express ×1スロットとなる。

「GV-MVP/XSW」 GV-MVP/XSWの正面。「MB86H58A」と表記されているのがトランスコーダーチップ。コアはARM

 富士通マイクロエレクトロニクスのH.264/MPEG-2ハードウェアトランスコーダーチップを搭載し、受信した番組をリアルタイムでMPEG-4 AVCに圧縮可能。なお、このチップを搭載するデバイスはこの製品が初めてとのこと。

 最高圧縮モードの15倍で録画した場合のビットレートは1.6Mbpsになり、2層BDメディアに2時間映画を32本収録できる。

 Wチューナーモデルは2番組同時で長時間録画が可能なほか、複数枚のカードを組み合わせることで最大8番組の同時録画も行なえる。

 録画はMPEG-2形式でも行なえ、録画した番組をMPEG-4 AVCにトランスコードしてBDなどに書き出す(ダビングする)ことも可能。なお、トランスコードはハードウェアで行なうが、HDの映像をHDにトランスコードする場合は実時間かかる(HDをSDに変換する場合は半分程度で済む)。

「RECBOX」 「RECBOX」

 また、同社はAV利用に特化した録画用NAS「RECBOX」を発売する。ラインナップは、1TB HDD内蔵の「HVL-AV1.0」(6月中旬発売、標準価格2万6400円)、1.5TB HDD内蔵の「HVL-AV1.5」(7月中旬発売、同3万1700円)、2TB HDD内蔵の「HVL-AV2.0」(7月中旬発売、同3万7000円)の3種類。

 DLNAサーバー(DTCP-IP対応)機能を搭載し、スカパー!HDの録画番組やテレビやレコーダーなどからダビングした番組を保存できるとともに、LAN内のDLNAクライアント機器で視聴することが可能。PC用のクライアントソフトとして「DiXiM Digital TV Plus for I-O DATA」が同梱される。

 本体はAV機器のような横長のデザインで、スカパー!HDチューナーなどの積み置きが可能。さらにRECBOXを最大4台まで積み重ねて置くことができる。また本体には電源ランプのほかに録画ランプやステータスランプ(問題発生時に点灯)などを実装し、RECBOXの状態を一目で確認できる。

 通常の家庭用のNASだと、停電発生時に電源が切れ、その後復旧してもそのまま電源オフの状態になっているのが普通だが、RECBOXは停電復旧後に自動的に電源がオンになる機能を搭載。停電があっても録画に失敗する心配がない。

 さらにスカパー!HD録画では、古い録画予約情報の自動削除に対応。ネットワークのトラブルなどでRECBOX側に録画予約情報が残ってしまうことがない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン