このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

WCS韓国代表決定戦を密着レポート!

2010年05月31日 22時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月1日に名古屋で行なわれる世界コスプレサミット(WCS)に出場する韓国代表チームを決定する“2010 Everland Cosplay Party”が、5月23日に韓国ソウル近郊のテーマパーク“SAMSUNG Everland Resort ”で行なわれた。
 韓国のWCS代表決定戦“2010 Everland Cosplay Party”では、韓国国内で行なわれた予選会を勝ち抜いた8組のコスプレチームが出場したほか、シンガポール代表決定戦の2次予選も行なわれ、シンガポールで行なわれた第1次予選を勝ち抜いた6組12名のコスプレチームもパフォーマンスを披露した。
 このほか、ゲストとしてWCS2009タイ代表でクラウザー様のコスプレで出場したペンナパー・タノンプラディットさんや、昨年の優勝した日本のYuRi&RiEの2人、東京や大阪からコスプレイヤーも参加していた。ASCII.jpでは、選考会の模様を取材してきたのでお伝えしていこう。

シンガポール2次予選

 まずは、シンガポール代表の2次予選をお届けしよう。これは同国の選考会を主催するシンガポールコスプレクラブ10周年を記念して、韓国コスプレイヤーとの交流を目的に行なわれたもの。3月に行なわれた第1次予選を勝ち抜いた6組12名のコスプレイヤーが出場した。

シンガポール代表1組目は「VOCALOID」シリーズの、鏡音リン・レンのコスプレで登場

2組目のコスプレイヤーさんたちは、LEDを使ったパフォーマンスを披露。各国のコスプレイヤーさんに話を聞いたところ、LEDなどの光物を使うのは珍しくないとのことだ

海外のコスプレは、日本のような写真撮影だけではなく、キャラクターになりきってステージパフォーマンスを行なうのがスタンダード

「ブレイブルー」のジンとノエルのペア。ノエルのコスプレをした彼女は、なんと同作品の曲(日本語歌詞)を歌ってステージに登場した

初音ミクとKAITOのペア。シンガポール、韓国をはじめ、ボーカロイドのキャラは世界中で大人気!

モンハンコスの2人は、狩りから剥ぎ取り、そしておいしくお肉を焼くところまでの流れを披露した

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ