このページの本文へ

世界初!フルHDビデオが撮れる防水「Xacti」登場

2010年05月28日 20時19分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 三洋電機の人気デジタルムービーカメラシリーズ「Xacti」の新モデル発表会が5月28日に同社東京ビルで行なわれた。この日に発表された「DMX-CA100」は、海辺や川、プールなどのサマーシーズンからゲレンデなどのウィンターシーズンまで使える防水仕様のムービーカメラで、販売価格は4万円前後。6月下旬に発売予定。

これまでの防水仕様モデルに比べて、スリムでスタイリッシュなデザインとなっている

これまでの防水仕様モデルに比べて、スリムでスタイリッシュなデザインとなっている

背面の操作パネルは、これまでと同じインターフェイスとなっている

背面の操作パネルは、これまでと同じインターフェイスとなっている

 前モデル「DMX-CA9」は水深1.5mで60分間撮影可能だったが、新機種は3mの水深でも動作可能となった。また、従来は1280×720ドットでの撮影が最高画質だったが、新機種はフルHD(1920×1080ドット)の撮影が可能。同社によれば光学ズームを搭載するものでは世界初の防水仕様フルハイビジョンビデオカメラだという。

スリム化によりメモリーカードは携帯電話のSIMを格納するのと似た形で、バッテリーの下に差し込み口が用意されている

HDMIとUSB2.0の端子が用意されている。ちなみにこの端子部分を開けた状態では防水にならないので、使用する際には注意

 先に発売されているフルハイビジョンモデル「DMX-CG110」がベースのため、搭載されている撮像素子(1/2.33型 約1440万画素原色CMOSセンサー)や映像処理エンジンは同じ。レンズも同じものを搭載しており、35mm換算で38~190mm(光学5倍ズーム)となっている。本体サイズは幅92×奥行き40.8×高さ123mmで、重量はバッテリー、SDメモリーカードを入れた状態で242g。

 また無線通信カード「Eye-Fi」に本製品も対応しており、本体にカードを差すことで無線LANを介して直接パソコンに撮影したデータの転送を行なえる。

 この日は、実機を使って撮影をすることもでき、防水仕様の初期モデルである「DMX-CA65」を長らく取材で使っている筆者としては、スリムで軽量になったことに加えて、オートフォーカスの速度や手ぶれ補正機能が格段に向上しているように感じられた。

発表会では実機を水槽に入れる体験コーナーのほか、DMX-CA9とDMX-CA100の映像比較コーナーも設置されていた

筆者の「DMX-CA65」に比べて厚みは半分程度となっている

筆者所有の「DMX-CA65」(右)に比べて厚みは半分程度となっている

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画