このページの本文へ

44万8000円から導入可能

ターボリナックス、メールセキュリティアプライアンス発表

2010年05月26日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月25日、ターボリナックスとギデオンは、メールセキュリティアプライアンス「Turbolinux Mailセキュリティアプライアンス」「Turbolinux Mailアーカイブアプライアンス」を発表。同日より販売開始する。

Turbolinux Mailセキュリティ&Mailアーカイブアプライアンス

 Turbolinux Mailセキュリティアプライアンスは、インターネットサーバー構築・管理ソフトウェア搭載Linux「Turbolinux Appliance Server 3.0」と、ウイルス・スパム対策ソフトウェア「ギデオン アンチウイルス アンチスパムPlus」「ギデオン アンチウイルス メールサーバ Ver.3」を組み合わせ、富士通のサーバー「PRIMERGY TX120 S2」にプリインストールするアプライアンス。ソフトウェアとハードウェアについて3年間のオンサイトサポートが提供される。

 Turbolinux Mailアーカイブアプライアンスは、メール自動アーカイブ機能「ギデオン メールアーカイブ」を搭載した製品。2つのバリエーションを用意し「ウイルス検知」「スパム検知」「メールアーカイブ」機能を柔軟に選択できる。また、ユーザー数に応じてライセンスを導入できる製品構成となっている。

 「Turbolinux Mailセキュリティアプライアンス」「Turbolinux Mailアーカイブアプライアンス」のラインナップは以下の通り。価格は44万8000円から。

「Turbolinux Mailセキュリティアプライアンス」「Turbolinux Mailアーカイブアプライアンス」のラインナップ

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ