このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第100回

3点で約250万円! 1%も後悔していない衝動買いBest 3

2010年05月27日 12時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

その3:モズライト「ザ・ベンチャーズ リ・イッシューモデル63」

 極めて高価な衝動買いは、勝手よく知った自分のテリトリー内で引き起こすことが多い。長い衝動買いの歴史を持つ筆者は、旅先でリスキーな買い物をしでかして、家族争議になりかけたこともあった。

 最後にご紹介するのは、モズライトのエレキ・ギター「ザ・ベンチャーズ リ・イッシューモデル63」だ。大阪出張の帰りに偶然立ち寄った馴染みの楽器屋さんで見つけたときは、めまいがしそうなほど衝撃を受けた。ショウウィンドウに置かれた100本近いエレキ・ギターの中にあって、そのモズライトだけは異彩を放っていたのだ。

通称「キャンディ・アップル」と呼ばれるボディカラーの赤。そして細いネックと大きなボディー、ヘッドの独特のデザインがモズライトの特徴だ
周囲がセル巻きされたボディーと、側面にあるアンプにつなぐシールドのジャックが、1963年モデルの証だノッペリした黒い2個のピックアップから、太い粘りのある重低音、破裂音に近いような中音、高音が、魔法のように出力される

 モズライトは、筆者が高校生で軽音楽部に籍をおいていた頃からの夢だった。学校からの帰宅途中にある楽器屋のショウウィンドウでど真ん中に置かれていたのだ。放課後、毎日のように暗くなるまでバンド練習をしてメンバーと一緒に帰る際、ガラスに額をくっつけてため息をついて見ていたものだ。

 「エレキギターのロールスロイス!」

 今思えば考えられないほど臭い宣伝コピーだが、純真無垢な高校生の筆者には、それは魂に響く素晴らしい言葉だった。そして当時、そのエレキ・ギターを造ったクラフトマンの心意気を現すもうひとつのキャッチコピーは「Built in Soul!」だ。

 出張帰りの身で、お金の持ち合わせはごくわずか。しかし、人生にたった一度のチャンスだ。出張用にいつも持っていた法人クレジットカードで一括支払いをして、そのまま大きなギターケースを新幹線に持ち込んで帰宅した。

 何でもそうだが、価値の分からない者がマニアックな商品の金額を見ると、想像を大きく超えた法外な値段にとらえがちだ。多くは語らないが、筆者の購入したモズライトも同じだった。

 ちなみにモズライトギターの産みの親で、モズライト社の創始者であるセミー・モズレイ氏は、残念なことに1992年に亡くなっている。その翌年の1993年、彼が生前造ったギターの何本かに、奥様であるロレッタ・モズレイさんがサインをしたと言われている。

 確かに手元にあるモズライトのヘッドの裏側には、はっきりした筆記体で「ロレッタ モズレイ 1993年」と書かれている。筆者が衝動買いしたのは1994年だ。

1950年代〜60年代に一世風靡した有名なインストルメンタル・グループ「ザ・ベンチャーズ」の愛用楽器であるThe Ventures Modelというデザインされたロゴと、mosrite of California という原産地を示す言葉は、エレキ少年にとっては最上を意味する言葉だったヘッド背面に記されたモズライトギター産みの親「セミ-モズレイ氏」の未亡人であるロレッタ・モズレイさんの直筆サイン。これで価値が上がるのか、下がるのか、人それぞれだろう

 モズライトギターに関しては、過去に、日本国内での販売権や商標を巡って裁判なども行なわれており、ダークなイメージがついてしまっているのが少し残念だ。ファンの多い日本には、多くの偽物も出回っていると聞く。

 手元にあるモズライトが本物か偽物か──。それは筆者にとって大した意味はなく、重要なのは、高校生のときも、そして40年以上たった今も心から気に入っているパワフルで粘りのある音だ。部屋に飾ってあるモズライトを見るたびに、真の衝動買いとはかくありたいモノだと実感する。

 衝動買いも簡単ではないが、何かを諦めることで実現可能なモノもある。


今回の衝動買い

その1:バング&オルフセン「BeoSound 9000」「BeoLab 8000」
現在価格:122万8500円


その2:ルイ・ヴィトン「エピノワール アタッシュケース」
推定価格:75万円(現在は該当商品なし)

その3:モズライト「ザ・ベンチャーズ リ・イッシューモデル63」
購入価格:49万8000円

T教授

T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。

 

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン