このページの本文へ

長~く使える極上のPCケース2010 第2回

長~く使える極上のPCケース2010【サーマルティク編】

2010年05月26日 18時00分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

V3 Black Edition

●URL:http://www.thermaltake.co.jp/product_info.aspx?PARENT_CID=C_00001410&id=C_00001411&name=V3+Black+Edition&ov=n&ovid=
●実売価格:8000円前後

構成に応じて冷却能力を強化できる
エントリー向けケース

 V3 Black Editionは、エントリー向けのミドルタワーケースだが、Air Flow Magicianの別名が示すように、ファンの増設など拡張性が高いことが特徴だ。名前の通り、ボディカラーはブラックで、シャーシの内部も黒く塗装されている。標準搭載のファンは1基のみだが、最大5基までファンの増設が可能であり、パーツ構成に応じて冷却能力を強化できる。また、電源ユニットを最下部に配置するデザインや2.5インチベイの装備など、最近のトレンドもしっかりおさえているので、PC自作の予算はあまりないが、長く使えるケースが欲しいという人にオススメだ。

フロントパネルは、メッシュデザインになっており、十分なエアフローを確保している。パネルは取り外しも簡単に出来る

フロントパネルを外したところ。12cmファン/9cmファン/8cmファンのいずれか一つを追加できる

天面には12cmファンを2基搭載可能

左サイドパネルのCPUエリア付近には、透明なアクリルウィンドウが設けられており、LED搭載CPUクーラーを装備したときなど、中の様子が見える。その下には、12cmファンの取り付けが可能な吸気口がある

左サイドパネルを外したところ。マザーボードのネジ部分は、マザーボードベース自体が盛り上がっており、スペーサーは不要だ

背面には、水冷システム用にホースを出し入れするための水冷ホールが2つ用意されている

底面には大きなゴム足がついている。底面には大きく高さもあるゴム足がついていて、電源ユニットへのエアフロー促進の考慮がされている

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中