このページの本文へ

長~く使える極上のPCケース2010 第2回

長~く使える極上のPCケース2010【サーマルティク編】

2010年05月26日 18時00分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ドライブも拡張カードも
工具を使わずに着脱可能

 V5 Black Editionのサイズは、22.3(W)×49(D)×50.8(H)cmで、重量は7.1kgだ。材質は一般的なスチールで、剛性も十分。ケースファンとして、天面に20cmファンを、背面に12cmファンを搭載している。天面の20cmファンは透明で、青色LEDが内蔵されており、動作時に美しく点灯する。回転数は天面の20cmファンが800rpm、背面の12cmファンが1300rpmであり、静音性も優秀だ。
 フロントパネルはほぼ全面がメッシュデザインになっており、内側にはホコリの侵入を防ぐエアフィルターが貼られている。フロントパネルは下のほうの幅が広くなっており、サイドパネルから多少はみ出すが、そのはみ出した部分も吸気口として使う設計になっている。

天面には20cmファンが、背面には12cmファンが搭載されている。天面の20cmファンは透明で、青色LEDが内蔵されている

フロントパネル内側にはエアフィルターが貼られている。また、メンテナンス時に取り外しやすい設計になっている

フロントパネル下部は、サイドパネルから左右にはみ出しているが、その部分も吸気口として利用する設計になっている

 拡張ベイの設計もユニークで自由度が高い。V5 Black Editionでは、最上段から最下段までがすべて5インチベイとなっており、最大で9つもの5インチベイを利用できる。その5インチベイの中に、3.5インチシャドウベイを3つ縦に並べたHDDケージを内蔵できる構造になっている。HDDケージを使うことで、利用できる5インチベイの数は6に減るが、3.5インチHDDを3台搭載できるようになる。HDDケージは5インチベイのどの位置に装着することも可能なので、拡張カードと干渉しない位置にHDDを搭載できる。さらに、HDDケージのフロントパネル側に12cmファンを搭載することも可能だ。また、FDDなど3.5インチベイを必要とする場合は、付属のドライブベイ変換マウンターを利用する。このドライブベイ変換マウンターは、3.5インチと2.5インチの両方に対応しており、2.5インチシャドウベイとしても利用できる。もちろん、ドライブベイ変換マウンターも5インチベイ内に装着するので、5インチベイが一つ占有されてしまう。

拡張ベイは、F.D.M(フレキシブル・ドライブ・マネジメント)と呼ばれる構造を採用。すべてのベイ(9個)が5インチベイとなっており、そのうちのいくつかを3.5インチシャドウベイや3.5インチベイ/2.5インチベイとして利用する仕組みだ

フロントパネルを外したところ。この写真の場合は、一番下にHDDケージが装着されている。HDDケージのフロントパネル側に12cmファンを装着することも可能だ

HDDケージにHDDを挿入しているところ

HDDケージを引き出したところ

ドライブベイ変換マウンターに3.5インチHDDを装着したところ

ドライブベイ変換マウンターは2.5インチドライブにも対応しており、SSDなどの装着が可能だ

ドライブの固定はすべて工具不要のツールフリー設計になっている

 電源ユニットは最下部に取り付けるようになっており、電源ユニットの吸気口部分には、取り外し可能なエアフィルターが装着されている。拡張スロットは7つで、拡張カードのブラケットもドライバーなどの工具を使わずに、ツールフリーで着脱できるので、メンテナンス性は優秀だ。

電源ユニットは最下段に取り付けるようになっている。電源ユニットの吸気口部分にはエアフィルターが装着されている

エアフィルターは取り外しが可能なので、定期的に洗うとよい

電源ユニットを装着したところ

拡張カードのブラケットも、ネジを使わずにツールフリーで固定できるようになっている

 ケースの奥行きは49cmとやや短めだが、拡張ベイの配置の自由度が高いため、メーカーでは最大28cmまでの拡張カードの取り付けが可能としている。実際に試したところ、現時点で発売されているビデオカードで最も長い、Radeon HD 5970(長さ約31cm)もなんとか装着が可能であった。ただし、Radeon HD 5970を装着すると、5インチベイにカードの端が一部入ってしまい、その部分の5インチベイは利用できなくなる。
 また、マザーボードベースのCPUソケット部分は四角く切り抜かれているので、バックプレート交換型タイプのCPUクーラーでも、マザーボードを取り付けたまま着脱できることも評価したい。

マザーボードとRadeon HD 5970(長さ約31cm)を装着したところ。なんとか入ったが当然、5インチベイが一つ使えなくなる

Radeon HD 5970を装着すると、5インチベイにカードの端が一部が入ってしまう

こちらは長さ約27cmのGeForce GTX 275を装着したところ。こちらなら多少余裕がある

マザーボードベースのCPUソケット部分は四角く切り抜かれており、バックプレート交換型タイプのCPUクーラーもマザーボードを取り付けたまま装着できるので便利だ

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中