このページの本文へ

長~く使える極上のPCケース2010 第2回

長~く使える極上のPCケース2010【サーマルティク編】

2010年05月26日 18時00分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

前面と天面にI/Oポートを搭載
水冷ホールも装備

 Armor A90のサイズは、21(W)×51.5(D)×50.2(H)cmで、重量は8.2kgだ。ケースの材質はスチールで、強度は十分である。ケースファンとして、前面に12cmファンと天面に20cmファン、さらに背面にも12cmファンを標準搭載しており、冷却性能も高い。天面と前面のファンは透明で、青色LEDが内蔵されているので、動作時に美しく点灯する。さらに、左サイドパネルにも12cmファンを1基装着できるほか、前面ファンを12cmファン×2や14cmファン×2、20cmファン×1といった構成に変えることも可能だ。サイドパネルの中央には、透明なアクリルウィンドウが用意されており、内部の状況を外から見ることができる。
 フロントI/Oポートとして、USB 2.0×2とマイク入力、ヘッドホン出力を備えているほか、天面の手前にも、USB 2.0×2とeSATA×1が用意されているので、ケースを床置きした場合にもアクセスしやすい。

天面には20cmファン、背面には12cmファンが搭載されている。天面ファンは透明で、4隅に青色LEDが搭載されており、美しく点灯する。天面ファンの回転数は800rpm、背面ファンの回転数は1000rpmと、ともに低回転で騒音も小さい

フロントI/Oポートとして、USB 2.0×2、マイク入力、ヘッドホン出力を備えている。フロントI/Oの各マークの印字色もケースのコンセプトイメージにあわせ青色に合わせている

天面の手前にも、USB 2.0×2とeSATA×1を備えているので、ケースを床置きした場合にも、ポートへのアクセスがしやすい

 拡張ベイは、5インチベイ×3、3.5インチベイ×1、3.5インチシャドウベイ×6という構成で、さらに2.5インチベイも1基搭載するなど、充実している。5インチベイと3.5インチシャドウベイはツールフリー仕様になっており、ドライバーなどの工具を使わずにドライブを着脱できる。また、水冷システムにも対応しており、ホース出し入れ用の水冷ホールも2つ設けられている。

拡張ベイは、5インチベイ×3、3.5インチベイ×1、3.5インチシャドウベイ×6、2.5インチベイ×1と充実している

5インチベイと3.5インチシャドウベイは、ドライバーなどの工具を使わずにドライブの着脱が可能なツールフリー仕様になっている

拡張ベイ部分の下の底面に2.5インチベイが用意されている

2.5インチベイにSSDを装着したところ。2.5インチベイの装備は、今年のPCケースのトレンドとなりそうだ

 電源ユニットは、最下段に装着するデザインになっている。マザーボードの固定は、通常のスペーサーを利用する。また、マザーボードベースのCPUソケット部分は四角く切り抜かれているので、バックプレート交換型タイプのCPUクーラーもマザーボードを外さずに装着できる。

電源ユニットは最下段に取り付けるようになっている。電源ユニット装着部の下には、エアフィルターが搭載されており、ホコリの侵入を防げる。電源ユニットを水平に固定するブリッジも標準装備している。このブリッジは電源の長さに合わせて調整可能だ

電源ユニットをケースに取り付けたところ。重量のある電源ユニットを最下部に配置することで、安定性を高めている

背面にセキュリティロックが用意されており、ケーブルを通すことで、周辺機器などが持ち去られることを防げる

マザーボードベースのCPUソケット部分は四角く切り抜かれており、バックプレート交換型タイプのCPUクーラーもマザーボードを取り付けたまま装着できる

 ケースの奥行きは51.5cmでミドルタワーケースとしては標準的だが、装着できる拡張カードの長さには制限がある。メーカーでは、最大26cmまでの拡張カードが装着可能としているが、実際に試したところ、長さ約27cmのGeForce GTX 275も装着は可能であった。ただし、GeForce GTX 275を最上段のPCI Express x16スロットに装着すると、上から2つめの3.5インチシャドウベイとのクリアランスがかなり狭くなってしまう。上から2つめの3.5インチシャドウベイにHDDを搭載してケーブルを接続すると、隙間がギリギリになるので、GeForce GTX 275のような長いビデオカードを装着する場合は、他の3.5インチシャドウベイを使うようにしたほうがいいだろう。

マザーボードとGeForce GTX 275(長さ約27cm)を装着したところ。上から2つめの3.5インチシャドウベイにHDDを装着すると、余裕があまりない

上から2つめの3.5インチシャドウベイにHDDを装着し、ケーブルを接続すると、GeForce 275 GTXとのクリアランスはごくわずかとなる

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中