このページの本文へ

無料サービスは2GBまで利用可能

PCやiPhoneからデータ共有!SugarSyncが日本語化

2010年05月21日 10時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月20日、ホスティングサービスを手がける米シュガーシンクはクラウド型データ同期・共有・バックアップサービス「SugarSync」の日本語版を提供開始した。

さまざな端末とのファイル共有が可能で、共有するファイルは詳細に指定できる

 SugarSyncは、WindowsやMac OS Xを搭載したPC、iPhoneやAndroidといったスマートフォンなどの各種端末からオンライン上でデータを同期できるサービス。どのフォルダやファイルを同期させるかを任意で選択できるのが特徴だ。そのため、ストレージ容量が限られている携帯端末には必要な情報だけを同期させるといった運用が可能になる。

iPhoneでSugarSyncを利用している様子

 また、専用のメールアドレスに送信するだけでファイルをアップロードすることもできるほか、音楽や動画のストリーム配信にも対応している。

 ファイルアップロード時にはSSLによる暗号化を行ない、サーバー内でも128ビットAESで暗号化された状態で保存されるなど、セキュリティを確保。また、個人向けプランのほかにビジネス向けプランを用意し、管理者による管理の一括化やストレージのプール化、アカウント管理などの機能も提供する。

 有料プランの支払いは現在、米ドル建クレジットカード決済のみとなり、料金については下記の表を参照のこと。なお、個人向けの場合、2GBまでのストレージ容量の無料プランもある。

個人向けプランの料金
プラン名 月払いの場合の料金(米ドル) 年払いの場合の料金(米ドル)
30GBプラン 4.99ドル 49.99ドル
60GBプラン 9.99ドル 99.99ドル
100GBプラン 14.99ドル 149.99ドル
250GBプラン 24.99ドル 249.99ドル
500GBプラン 39.99ドル 399.99ドル
ビジネス向けプランの料金
プラン名 月払いの場合の料金(米ドル) 年払いの場合の料金(米ドル)
100GB/3ユーザー 29.99ドル 299.99ドル
ユーザー追加オプション 9.99ドル/ユーザー 99.99ドル/ユーザー
100GB追加オプション 29.99ドル 299.99ドル

 今回日本語化されたのはユーザーズガイドとWebサイト、SugarSync Managerデスクトップアプリケーションの3種で、iPhoneとiPad用の日本語版アプリケーションは今年中に提供する予定となっている。

 このほか、各ホスティングサービスとの詳細な機能比較については下記画像を参照いただきたい。「Y」が対応で「No」が非対応、「Limited」が制限ありの機能という意味だ。

バックアップと同期機能の比較
リモートアクセスや共有機能、対応メディアに関する比較
対応プラットフォームに関する比較
今後の事業計画と海外展開の比較

 以上のように、SugarSyncは包括的なホスティングサービスソリューションとなっており、同期ファイルの自動選択やさまざまな携帯端末に対応するなど、他のホスティングサービスとは一味違うサービスとなっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ