このページの本文へ

スタートトゥデイ、アローズとの在庫連動システムを導入

2010年05月20日 09時33分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
スタートトゥデイは5月19日、同社が運営するインターネットショッピングサイト「ZOZOTOWN」に出店するユナイテッドアローズ(UA社)との在庫連動システムを導入した。  ZOZOTOWNおよび同社が運営支援するUA社の自社ECサイト「UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE」の在庫だけでなく、UA社が倉庫に持つ在庫情報の共有が可能となる。BEAUTY&YOUTH、green label relaxing、Odette e Odile、時しらず、Lotta Loveの5ブランドでスタートする。  同システムの導入により、ZOZOTOWNに在庫がない場合でも、UA社が倉庫に持つ在庫をZOZOTOWN上で販売できる。これにより、在庫管理の効率化が図ることができ、ユーザーにとっても欲しい商品が手に入りやすくなる。  同社は将来的に、ZOZOTOWNに出店しているアパレルメーカーとの在庫連動システムの導入を進め、倉庫在庫だけでなく、実店舗の在庫共有化も視野に入れている。  ■「ZOZOTOWN」(http://zozo.jp/town/)  ■「UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE」(http://store.united-arrows.co.jp/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く