このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ドコモの夏はスマートフォンが熱い

フルキー付きケータイ(?)+スマートフォン3台、徹底レポ

2010年05月19日 17時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2010年ドコモ夏モデル20機種の中でASCII.jpが特に注目したのは、やはりスマートフォン3機種とPROシリーズ1機種。

ケータイ(?)なのにフルキーボード付き。PROシリーズらしい「N-08B」

 「ドコモスマートフォン」に属する「LYNX SH-10B」「dynapocket T-01B」「BlackBerry Bold 9700」はいずれもQWERTYキーボードを搭載するという共通点があるが、それぞれOSがAndroid、Windows Mobile、BlackBerryと多岐に渡っている。まるで「iPhone以外はすべてうちから出す!」とでも言っているかのような、ドコモの意気込みが伝わる充実のラインアップとなっている。

 さらに夏モデル唯一のPROシリーズである「N-08B」は、NEC製で往年の名機「モバイルギア」風の外観を持つ。テキスト入力マシンとしてどうか、期待が高まっている人も多いだろう。今回も発表会後の展示エリアでこってり触ってきたので、まずはこのN-08Bから詳しく見ていこう。

モバイルギアみたいだけどiモードケータイ
「N-08B」

 手の小さな筆者でも片手でラクラク握れるほどスリム。説明員によると、PSPなどの携帯ゲーム機が片手でつかみやすい形状をしていることから、デザインに際しては、片手でつかみやすいこのサイズ感にこだわったという。

さすがにこれをケータイと呼ぶのには厳しいサイズだが、ネットブックなどよりは遥かに小さなサイズ
応対してくれた説明員がずっと胸ポケットに入れたままでいたが、そう言われるまでまったく気付かなかった。つまりスーツの内ポケットに入れても目立たない。重量は約300gだが、スーツが引っ張られる感覚もないという

 見た目はスマートフォンぽいが、中身は普通のiモード端末そのままだと考えていい。ワンセグのほか、無線LANやBluetoothに対応するが、おサイフケータイやGPSには非対応である。

 キーボードはノートPCと同じパンタグラフ式。キーピッチは左右12.7mmで、慣れればどうにかタッチタイプ可能な印象。コピー、カット、全選択、貼り付けといったPC同様の基本的ショートカットキーはひととおり使えた。

 ただし基本的なキー操作はPCと同じ感覚だと若干迷う。メインメニューを出すのは「MENU」ボタンだし、メニューを1つ戻るのは「CLR」ボタン、作業を止めて待受画面に戻るには「終話」ボタンを2度押す。

メニューは、キーボード左手前のMENUキーですばやく呼び出せるワンセグの映像は全画面に拡大して表示される。伸縮式アンテナも搭載
キーピッチは12.7mm。ストロークは浅く、タッチタイプには慣れが必要となるだろう

 iモード端末とはいえ、フルキーボードを活かすために、標準でテキストエディタ機能が用意されている。最大全角5000文字、同半角1万文字まで入力可能。日本語入力は、ケータイで一般的な「iWnn」を採用している。

 もちろん一般的な「.txt」形式のテキストファイルを作成したり、編集できる。ファイルの保存先は本体のほか、メモリーカードも指定可能で、PCとのテキストファイルの受け渡しも簡単だ。

自動折り返し機能はないので、上部の目盛りを参考に。文字数カウント機能もないが、あとどれぐらい入力できるかは画面右上に半角換算で表示される作成したテキストは、いったん保存しなくても、F3キーでそのままメール本文に貼り付け、F2キーですぐさま送信できる。メール作成時に、iモードメールかPCメールかを選択できるようになっていた
タッチパネル非搭載なので、変換候補は上下左右キーで選択し、Enterキーで決定するユーザー辞書ももちろん利用できる。よく使う単語を登録しておくと、以後、変換候補の先頭に表示され、すばやく入力できる

 N-08Bのレビューは次ページでもまだまだ続きます。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン