このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「Twitter」だけが話題じゃない!

ソフトバンク夏モデルは既存の機能を手堅く強化

2010年05月18日 23時00分更新

文● 小竹佑児

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今夏のソフトバンクが掲げたキーワードは「Twitter」(関連記事)。発表された20機種中、音声端末14機種にTwitterウィジェットやTwitterアプリがプリインストールされる。

 孫社長のプレゼンテーションでは、ケータイからTwitterを利用するユーザーが、iPhoneに比べて少ないことが指摘されていたが、専用のウィジェットやアプリを搭載することで、ケータイからの積極的な利用を促したい狙いだ。機能面ではハイビジョン動画の撮影に対応するモデル、送受信最大54Mbpsの無線LANに対応したモデルが目立つ。夏モデルならではの防水にも9機種が対応する。ここでは上位5モデルを詳しく紹介する。

HDムービー撮影に対応した
シャープ「AQUOS SHOT 945SH」

 AQUOS SHOTのHDムービー撮影対応モデルがこの「945SH」だ。外観はスタンダードな感じで、どんなシーンにも合うデザインと言える。冬モデルの940SHと同じように1.4型の大きなサブディスプレイを搭載し、二軸ヒンジの折りたたみ型。さらに防水/防塵仕様のため、アウトドアでも安心して使える。

 1280×720ドットのHDムービーを撮影できるので、大画面テレビやPCで映像を再生するのに最適だろう。端末自体にHDMI端子を搭載しているので、別売のケーブルを使ってテレビに接続し、そのまま動画が見られる。またシャープの液晶テレビ「AQUOS」とは「AQUOSファミリンク」を使って操作できるため、HDMIで接続したあとは、テレビのリモコンでケータイの動画を選ぶことも可能だ。

 おもしろい機能としては「ゴルフビデオカメラ」がカメラメニューに用意されており、ゴルフのスイングを連続撮影してフォームを確認するのに便利だ。斜めから撮影した画像を正面から見たように加工する「ショットメモカメラ」も用意されている。

 夏モデルのハイエンド機らしく、無線LANに対応する。「スピンぐるメニュー」がソフトキーに割り当てられるなど、従来のAQUOS SHOTから細かく改良が施されている部分もある。ソフトバンクの主なサービス・機能にほとんど対応した、「全部入り」ケータイでもある。


スタンダードなデザインの945SH。写真はホワイト。他にノーブルレッド、ブラック、ゴールドを用意

カメラリングを強調し、いかにもデジカメケータイといった印象。ただしカメラ部分はフラットで出っ張ってはいないのでポケットにも入れやすい

ディスプレイを反転させ「ビューアポジション」にすると、すぐにHDムービーで撮影が可能

もはやおなじみのタッチで操作できる撮影画面。HDムービーを撮る場合も、赤い録画ボタンをタッチするだけだ

右側面のサイドキーにはシャッターキーがあるので、通常のデジカメスタイルで操作してもOK

945SHをHDMIケーブルでテレビにつなぎ、AQUOSファミリンクを使ったところ。わかりやすいメニューなので、リモコンの操作も簡単。HDムービーの画質は抜群だ

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン