このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ここが変わった! 早わかりOffice 2010特集 第3回

PowerPoint 2010とOutlook 2010はここが変わった!

2010年05月19日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

共有機能が目玉のOneNote 2010

 「電子ノートブック」と称するOneNoteは、Office 2007では「Ultimate」と「Enterprise」エディションにしか同梱されていなかった。ゆえに、使ったことのある人も少ないだろう。それがOffice 2010になって、「Personal」以外の全エディションに含まれる大抜擢を受けた。今後は多くのOfficeユーザーに使われることになるだろう。

 ここではその機能と新機能をざっくりと紹介しよう。

ノートブックの作成

 OneNote 2010はノートを作るアプリケーションである。文字や写真を直接入力したり挿入したりできるし、図版や表、グラフなどを、ほかのOfficeアプリケーションからコピーしてノートを作れる。さまざまな情報を1ヵ所に集約することで、生活や勉強、ビジネスに役立てることができる。

ノートの作成は非常に自由度が高い

ノートの作成は非常に自由度が高い。文字を入力する場所も自由だし、静止画や動画の配置も制限がなく、デジタルアイディアメモとして活用できる

 なおOneNote 2010を起動すると、上の画面のような「OneNoteの使い方」がまとめられたノートが表示される。マニュアル代わりに読んでおくといいだろう。


ノートの共有で効率アップ

 作成したノートは、ほかのユーザーと共有できる。OneNote 2007でノートを共有するには、ネットワーク経由の共有ファイルとして共有するか、SharePoint Serverを利用して共有が用意されていた。OneNote 2010ではそれに加えて、Windows Live IDを使って、クラウド上でほかのユーザーとノートを共有することができるようになった。複数ユーザーによる同時編集も可能なので、作業効率も向上するだろう。

 またOneNote 2010では、自分のノートをファイル共有サービス「Windows Live SkyDrive」にアップロードすることで、自宅や職場、あるいはインターネットカフェなど、異なるパソコンから参照・編集することが容易になった。SkyDriveにアップロードしておけば、携帯電話からも参照できる。

ノートの共有は「ファイル」→「共有」で行なう

ノートの共有は「ファイル」→「共有」で行なう。ファイルサーバーやSharePointサーバーで共有することも可能だが、目玉はWindows Liveを使ったクラウド上での共有だ

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン