このページの本文へ

ピエトロ、通販客増加で3億円の黒字転換

2010年05月18日 10時08分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
食品の製造販売や通信販売事業を展開するピエトロは、5月14日に2010年3月期決算短信を発表した。  売上高は前年同期比3.9%減の83億1800万円、営業利益は307.0%増の5億7300万円、経常利益は同442.7%増の5億3500万円、当期利益は3億6800万円(前期は4億2700万円の当期損失)となった。  事業別にみると食品事業では、ブランド重視の販売戦略を継続するとともに、健康志向の高品質商品の開発を展開。また、通信販売では、期間や数量を限定した商品を企画し品ぞろえを充実したことで、新規顧客が順調に増加し、前期の売り上げを大きく上回った。  グループの連結業績予想については、食品事業でパスタ関連商品の拡販と、2010年3月12日に発表した日清オイリオグループからの業務受託(通信販売業務および商品開発・生産管理業務)による増収を見込んでいる。  通期の業績予想は、売上高が同44.3%増の120億円、営業利益は同22.0%増の7億円、経常利益は同23.2%増の6億6000万円、当期利益は同17.3%減の3億500万円。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く