このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

au夏モデルからカシオ、ソニエリ、日立、東芝の注目モデルをフォトレビュー

KCP 3.0端末はとてもサクサク! 防水だけどゴツくない!

2010年05月17日 22時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユーザビリティを掲げた今回のau夏モデル。すでに掲載した記事では発表会の様子をレポートしたが(関連記事)、それに続いて主要モデルを詳しくレポートしていく。

 まず夏モデルで新しく登場した新プラットフォーム「KCP 3.0」を搭載した「BRAVIA Phone S004」と「REGZA Phone T004」は、これまでau端末を使ってきたユーザーであれば、待ちに待った本物の“サクサク”ケータイだ。ほかにもキーパッドを取り替えることができる「beskey」や、13メガカメラを搭載した「EXILIMケータイ CA005」をはじめ、高性能・多機能なケータイがそろっているが、すべて防水。しかしまったくゴツい印象はない。

13メガカメラ搭載&防水仕様に!
カシオ「EXILIMケータイ CA005」

 au端末の中では人気が高い、カシオの「EXILIMケータイ」。国内で発売されているEXILIMケータイとして初めての防水仕様となった。それでいて前モデル「CA003」の17.4mmより薄い、厚さ14.5mmを実現している。

 “ほっとさせる”という意味の「RELIEVE」がキーワードのデザインになっており、フロントパネルは指紋が目立たず、逆に裏側は光沢感がある。また、カメラリングが発光するので、ケータイを閉じているときでも着信がわかりやすい。さらにテンキーやカーソルキーも編み込みパターンをモチーフにしているなど、CA003と比べて細かな違いは多い。

 注目のカメラは、有効画素数1295万画素のCMOSカメラを搭載。従来より高解像度の3メガサイズで高速連写ができるほか、カメラ任せでシーンに合わせた設定で撮影ができる「オートベストショット」、「スマイル検出オートシャッター」などを搭載した。

 メインディスプレイは前機種の有機ELから、3.2型フルワイドVGAのIPS液晶を搭載。もはやおなじみとなったダイナミックフォトにも対応する。スマートになって、より持ちやすくなったハイスペックデジカメケータイだ。


ピンク×パープル。フロントパネルやテンキー部はパープル。表面が側面と裏面は鮮やかなピンクだ。表面に無数の穴があるのがわかるだろうか。これで指紋が目立たないライトグリーンとホワイト。さらにブラックもあり、全4色展開だ
着信時やアラーム時にカメラリングが光る。イルミネーションのパターンは7色で、カスタマイズが可能だ二軸ヒンジを反転させて横画面で撮影する場合は、サイドキーが活躍する
横画面の撮影はこんな感じ。タッチパネルではないが、EXILIMケータイではお馴染みの操作ということもあって、サイドキーでも問題なく撮影可能だ
キーのデザインを見ると、それぞれ模様があるのがわかる。これが編み込みパターン。さらに押した時の感触にもこだわっている

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン