このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

仕事を乗り切る、BizTools 第4回

価格帯別、注目5製品を比較

いま買っていい、ICレコーダー5機種

2010年05月14日 09時00分更新

文● 後藤宏

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回の記事では、ICレコーダーの基本的な選び方を紹介した。ここでは市場に出回っている製品から注目の5機種をピックアップし、その特徴と、注目の機能を個別に見ていく。自分に合った製品を選ぶ参考にしていただければ幸いだ。


VoiceTreck LS-11

 オリンパスイメージングの24bit/96kHzでの録音に対応したハイエンド機。左右で独立したアンプ回路を備え、チャンネル同士の干渉を防ぐ。今回ピックアップした中では、最も高額なモデルだが、録音データはそれに見合うだけの高音質だ。

オリンパスイメージングの「VoiceTrek LS-11」。実売価格は4万5000円前後

ほとんどノイズが感じられず、極めてクリアな音質。会話はもちろん周辺物音までしっかりとキャッチする。ピックアップした中でも、聴き取りやすさは抜群によい。リニアPCMでは、さらにクリアだが、感度は若干低くなる

対応する記録形式
記録方式 リニアPCM、MP3、WMA
メモリー 8GB(内蔵メモリ-)

 内蔵メモリーだけでも8GBを搭載しているうえ、SDメモリーカードスロットも備え、高音質モードにしても、たっぷりと録音できる。録音形式はMP3もちろん、リニアPCMやWMAにも対応し、さまざまなシーンで活用できる。

やや大振りの本体だが、手の平にちょうど収まり片手での操作も問題ない。ほとんどのボタンが本体正面に集約されており、親指だけでスムーズに操作できる。本体側面に配置されたボリュームや録音レベルのダイヤルも便利

本体左側面にUSBポート(ミニB)を配置。PCに録音データを移し、付属のソフトでマルチトラック編集やエフェクト追加といった作業が手軽にできる。内蔵メモリーの容量が大きく、リムーバブルディスク代わりにもなるのが便利

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ