このページの本文へ

ベネッセ、50歳以上対象の「にほん日和」創刊へ

2010年05月14日 10時02分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
ベネッセコーポレーションは5月13日、活動的な50歳以上の人々を「アグレッシブエイジ」と名付け、新規事業「LTV(ライフタイムバリュー)事業」に着手したと発表した。  同事業の第一弾として、「にほん日和」を2010年9月からスタートする。  「にほん日和」は、「地域」を切り口にした事業として関東圏のアグレッシブエイジをメインターゲットに展開。毎月、日本国内のいろいろな地域の食や自然、歴史や祭りの魅力を紹介するヴィジュアル雑誌(オールカラー100ページ)、特産品の食べくらべセットなどの「特産フーズ」(付録)、「ポケットガイドもしくは全国いいとこマップ」(付録)。これら全3点を顧客の自宅に直送する。  販売方法は通信販売による直販。価格は毎月払いが1890円(税込・送料込)、年一回払い21480円(税込・送料込)。創刊号は、2010年9月10日頃自宅に配送する。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く