このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Citrix Synergy 2010レポート

デスクトップ仮想化もシトリックス風の味付けで

2010年05月14日 09時00分更新

文● 渡邉利和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

さまざまな新発表とプロジェクト

RCリリースに合わせて各種の発表を行なうマーク・テンプルトン氏

 XenClientのRCリリースに合わせ、関連するさまざまな発表が基調講演の中で行なわれた。技術面では、仮想デスクトップ環境のパフォーマンスをさらに改善するための「HDX Nitro」技術群も紹介された。これは将来バージョンのCitrix XenDesktopおよびXenAppに実装が予定される高速化技術で、レシーバーの高速化プロジェクトである「Project Mach 3」、アプリケーション起動の高速化「Project Zoom」、プリントアウトの高速化「Project Laser」、WAN通信の高速化「Project Mercury」、グラフィックスレンダリングの高速化「Project Dynamo」の5つの開発プロジェクトが進行中だという。

 5つのうち、Project Zoomは独立しているために先行してリリースされる予定だが、Laser、Mercury、Dynamoの3つはMach 3を前提として成立する技術だということで、Mach 3の進捗を踏まえて後からリリースされる計画だ。提供時期は、いずれも来年中とされている。

 また、セキュリティ面ではパートナーシップに基づく取り組みが紹介された。マカフィーとの提携の成果として紹介されたのが仮想環境のためのセキュリティ技術である「McAfee MOVE(Management for Optimized Virtual Environment)」だ。

 仮想環境ごとにセキュリティソフトウェアを動作させるやり方だと、複数の仮想マシンが動作している環境ではセキュリティソフトウェアも同時に複数が稼働している形となり、オーバーヘッドが大きくなってしまう。MOVEでは、セキュリティソフトウェアを仮想環境の外に“オフロード”してしまい、単一インスタンスのセキュリティソフトウェアが複数の仮想環境のセキュリティを維持する、という形で効率的な実行をサポートする。アイデアとしてはシンプルだが、実現すれば仮想環境の実行効率を直接的に改善できる効果的な手段となることが期待できる。

 さらに、エンドポイントのセキュリティ対策として、ソフォスとの協業に基づく“Endpoint Security Plug-in”も発表された。これはレシーバーのプラグインモジュールとして追加可能なセキュリティ機能で、暗号化を利用したデータ保護を行なうもので、第3四半期にリリースされる予定だ。

PC上に浮かぶ泡とは?

 テンプルトン氏は、アプリケーションとその実行環境、データをひとまとめにしたイメージを「泡(Bubble)」と表現し、PC上に必要に応じてこうした泡が浮かんでは消える様子を語った。これは、同社が推進する“BYOC”(Bring Your Own PC)とも関連する。業務用に専用のPCを用意するのではなく、業務を実行する必要がある場合にのみ、個人所有のPC上に「アプリケーションの泡」を生じさせ、不要になったらきれいに消し去る、というスタイルだ。同氏は、「ユーザーのラップトップにセキュアなバブルを作り、最小限のフットプリントで業務を実行する」とした。

 企業が従業員向けにPCを用意することをやめ、個人所有のPCを前提としてソフトウェア的な作業環境だけを提供する、というスタイルが今後主流になっていくのかどうかは分からないが、少なくともSynergy 2010で紹介された同社の製品や技術は、こうした環境を実現するために必要となるコンポーネントを漏れなく揃える方向に向いていると感じられた。P2Pネットワークを介した情報漏えいなどがなくならない現状から見ても、シトリックスのいう“work.shift”には根強い支持があるのであろうことが伺える。

 仕事をする必要がある時には必ずオフィスに出向く、という硬直したスタイルではなく、家族と共に過ごしながらも仕事は仕事で同時に進める、というやり方を実現したいという希望があるからこそ、自宅への仕事の持ち帰りも起こるのだろう。現状では、「セキュリティ配慮し、データの持ち出しを禁止する」という形の運用が一般的だが、現実には「禁止」では情報漏えいを防ぐことすらできていない。むしろ、持ち出しも積極的に認めた上で、セキュリティを維持して安全に業務遂行ができるようなインフラを構築する、というシトリックスの主張には納得できるし、「仮想化技術がワークスタイルをどう変革するか」という問いに対する回答として説得力のある魅力的なシナリオを提示することに成功していると感じられた。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ