このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

仕事を乗り切る、BizTools 第3回

絶対外せない4つをチェック

ICレコーダー選びのポイントはコレだ! 2010年初夏

2010年05月13日 09時00分更新

文● 後藤宏

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビジネスの現場でも需要が増えているICレコーダーの選び方を紹介する

 ICレコーダーを選ぶとき、最も気になるのは「音質」だろう。録音対象をしっかりと録音できるか、遠めの距離でも録音できるかなど、録音データの聴きやすさは気になる。また、録音する際のデータ形式も確認しておきたい。MP3やWAVE(リニアPCM)など、どんな形式に対応しているかをチェックしておこう。

 一方、「操作性」や「インターフェース」といった点も外せないポイントだ。いざというときとっさに録音できるか、録音したデータを簡単に活用できるかなど、ユーザビリティーは重要だ。加えて、付属アプリケーションにも注目したい。録音データの管理や編集などはもちろん、なかには音声認識を利用してテキストデータに書き起こしてくれることもある。使いこなせば、大幅に業務を効率化してくれるだろう。

  1. 音質:録音した音声の聴き取りやすさが「命」だ!
  2. 録音形式:MP3とリニアPCMを状況に合わせて使い分ける
  3. 操作性:スピーディな操作で重要な会話を録り逃さない!
  4. インターフェース:PC連携は必須! インターフェースを要チェック!!

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ