このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 第22回

ボカロで「自由」を手に入れた 佐久間正英が語る音楽の未来

2010年05月08日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「音楽を作る自由を初めて手に入れた」

―― で、僕らはボーカロイド関係の取材を、これまで1年くらい続けてきたんですよ。

佐久間 おお、オーソリティなんだ。いろいろ教えてよ。

―― これは事件なんですよ。毎日曲を上げていることもそうですけど、あの佐久間正英がボーカロイドを使うってことが。

佐久間 そうみたいだけどね。僕からすれば何でもないことだけど。毎日やってきたことの一部を機械にやらせている感じ。むかしから声が出る機械やソフトは何でも試してきたでしょ。

―― そうですね。でも、それに加えてフォロワーの反応を楽しんでいるように見えるんですけど、それも驚きです。あれはリップサービスじゃなくて、本当に喜んでます?

佐久間 喜んでるよ。僕、素直だもん。喜びすぎて顰蹙(ひんしゅく)買ってるところもあるみたいだけど。だってすごいことでしょ、毎日何百人も聴いてくれるってことはさ。

「だってすごいことでしょ、毎日何百人も聴いてくれるって」

―― 佐久間さんくらいの人でもそう思うんですか?

佐久間 うん。だって僕が音楽を作りたいって思ってもさ、レコード会社は作ってくれないわけ。「佐久間さんのソロなんて売れないから無理ですよ」って。かといって僕が作るのはライブでできるような音楽じゃない。つまり、僕には音楽を作れる自由がないわけ。その自由を初めて手に入れられた。著作権だなんだということにこだわらなければね。

―― 何度も言いますけど、佐久間さんほどの人でもそう思うってことが驚きなんです。

佐久間 僕はあれはストリートライブだと思っているわけ。道端で歌っていて、それに毎晩何百人も集まってきてくれたら、すごく嬉しくない?

―― そういえば「ニコニコ動画」はご覧になりました?

佐久間 うん、チェックしたよ。音楽的には大体予想した通りだった。出来の良さも予想した通りだったし、出来の悪さも予想した通りだった。でもすごいよね。

―― さっそく佐久間さんの曲に絵を付けて、ニコニコ動画に上げていた人がいましたけど、抵抗はないですか?

佐久間 全然。そんなことを気にしてたら、ああいうところに上げられないじゃない。だってストリートなんだから、それは度外視してる。

ニコニコ動画には環境写真付きで「無断転載」されている

―― じゃあ、ニコニコ動画には「歌ってみた」という文化もあるんですよ。

佐久間 するとカラオケも上げておいた方がいいのかな? それは面白いし、いいことだよね。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン