このページの本文へ

CX3よりも本格的な撮影ができる

GXRに裏面照射CMOS採用のレンズユニット登場

2010年05月07日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」

「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」

 リコーから、「GXR」用レンズユニットの新製品「RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC」が正式に発表された。発売は6月上旬で、予想実売価格は3万円前後(GXRボディとのセットは5万円前後)。3月に開催されたカメライベント「CP+」などで参考展示されていたものだ(関連記事)。

 P10 28-300mm F3.5-5.6 VCは裏面照射型CMOSセンサーに光学10.7倍ズームレンズを組み合わせたレンズユニット。画像処理エンジンは「Smooth Imaging Engine IV」を採用する。

 これらの仕様は同社の「CX3」とほぼ一緒。ノイズリダクション設定ではCX3にも搭載されていた「MAX」が選択可能で、ノイズ分布を解析し、部分に応じた最適なノイズ低減処理を行なう。

 また、連写した2枚の静止画を合成してダイナミックレンジを広げる「ダイナミックレンジダブルショット」も搭載する。

 このほか広角側で1cmまで接写できるマクロ撮影機能や、シャッターボタンを離す直前の連続画像を記録する「M連写プラス」、(VGAサイズでの)120コマ/秒の高速連写、1280×720ドットの動画撮影機能なども搭載する。

GXR本体に装着したところ

GXR本体に装着したところ

 ただしCX3と異なる部分もあり、例えばRAWでの高速連写(5コマ/秒)が追加されたり、撮影モードで「プログラムシフト」や「絞り優先」「シャッタースピード優先」などのモードが加わっている。一方で、「シーンオート」やノイズリダクション設定の「Auto」が省かれていたり、「ペット」や「ミニチュア」といったシーンモードも非搭載となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン