このページの本文へ

米Google、類似したページを表示する検索機能を追加

2010年04月28日 11時16分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Googleは2010年4月27日、探しているページと類似したものを表示する検索機能の提供を開始した。google.com(英語)版で利用できる。

Googleは、検索結果画面の"類似ページ"(Similar)や、Chrome拡張機能""などでリンク先と類似したサイトを表示する機能を提供していたが、これが自然検索結果に類似サイトを直接表示されるようになった。

たとえば"direct relief international"と検索すると、検索結果の1番目にDirect Relief のサイトが掲載される。その直下に "Pages similar to: www.directrelief.org"の枠が現れ、directrelief.org と類似したページを4件表示する。

本機能は新しい役立つサイトを発見する機能として以前から提供していたが、検索結果に表れることはほとんどなかった。同社によると、継続的な機能改良の結果、ユーザに役立つレベルに達したため、積極的に表示されるようにしたという。

Discovering pages “similar to” ones that you like
http://googleblog.blogspot.com/2010/04/discovering-pages-similar-to-ones-that.html

Google Similar Pages beta
https://chrome.google.com/extensions/detail/pjnfggphgdjblhfjaphkjhfpiiekbbej

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く