このページの本文へ

ヤフー「官公庁オークション」、2009年落札額は33億円

2010年04月28日 10時01分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
ヤフーは4月26日、同社が運営するインターネットオークションサービス「Yahoo!オークション」の「官公庁オークション」において、2009年度の落札総額が33億1754万7028円になったと発表した。  「官公庁オークション」とは、インターネット公売や公有財産売却など、各行政機関による行政手続きの一部をインターネット上で実施するサービス。  2009年度の「官公庁オークション」では、2009年11月に「インターネット公売」の参加契約自治体数が921になり、全国の自治体数1842(2009年11月時点)の過半数に到達。また、官公庁オークション全体での出品件数も3万4921件と過去最高を記録した。  また、出品物件についても、官公庁オークションで初めてとなる小学校が出品されたり、また、クラシックカー(ハップモービル)が人気を集めるなど、幅広いジャンルにわたる物件が自治体の財源となった。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く