このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

パナソニックのマイクロフォーサーズ最新機種発売

タッチパネル液晶が便利!? 「LUMIX G2」を試す

2010年04月28日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Gシリーズも動画撮影に対応



 G1では搭載されていなかったAVCHD Liteによる動画機能に対応。動画撮影中のピント駆動はかなり早くスムースだ。ピント駆動時のモーターの駆動音もあまり気にならないレベルだった。


動画EXズームサンプル



 動画機能に追加された「動画EXズーム」機能では、中央部を約3.1倍に拡大する。付属の14-42mmズームが43-126mm相当になり、35mm換算で最大約252mm相当の望遠撮影が可能になる。

 通常のデジタルズームと違い、クロップする形になるので画質低下が見られないのが特徴。実用的な望遠撮影が行なえる。

 ちなみに、フォーカスの速度や動作音、EXズームの挙動などをお伝えするために動画を掲載した。画質についてはトランスコードをかけているため、実機で撮ったものとは異なることをあらかじめご承知いただきたい。


自由なスタイルで撮影を楽しみたい人におススメ

プログラムオートで撮影。暗部の再現性が若干弱い。暗部補正の機能はあるが、今回使用している間は設定を行なっても実際に機能しないことがほとんどではっきりとした効果が得られなかった

プログラムオートで撮影。暗部の再現性が若干弱い。暗部補正の機能はあるが、今回使用している間は設定を行なっても実際に機能しないことがほとんどではっきりとした効果が得られなかった

プログラムオートとマルチアングル液晶、タッチフォーカスの組み合わせはアングルの自由度以上にホールディングの自由度が高くなり、極端に低い場所等でも気軽にシャッターを切れる

 タッチパネルでの操作感は思った以上にいい。触った箇所にピントが瞬時に合ってそのままシャッターが切れる感覚は従来のデジカメでは中々味わえない感じだ。

 Gシリーズは元々マイクロフォーサーズの中でもAFは早い方だが、G2では更に加速度が増しておりタッチパネルでの操作感と相まって撮影を楽しく感じることができる。

 動画撮影中のポイント移動での反応もなかなかいい感じだ。動画がフルHD解像度ではない(1280×720ドット)のは残念だが、自由に撮影を楽しみたい人にはうってつけだ。


■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン