このページの本文へ

ユーザー任せのバックアップは安全できない!

AvamarがクライアントPCのバックアップまで重複排除

2010年04月27日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4月26日、EMCジャパンは同社の重複除外ソフトウェアである「Avamar」の機能をクライアントPCにまで拡張する「Avamar Desktop/Laptop」を発表した。ソースからデータの重複排除を実現することで、バックアップ容量を減らすことが可能になる。

Avamarの技術をクライアントにまで拡張

Avamar Desktop/Laptopについて説明するBRS事業部 システムズ・エンジニアリング部 シニア・システムズ・エンジニア 村山雅彦氏

 発表会においてEMCジャパンの村山雅彦氏は、クライアントPCのバックアップに関する課題を説明した。「多くの情報システム部はクライアントPCのバックアップまで手が回らない。ユーザー任せになっており、ポリシーが決まっていないことも多い」(村山氏)。とはいえ、数千台規模になると、コスト負担が大きい。その他、移動の多いノートPCの普及とともにネットワークバックアップが難しい状況になりつつある、機密情報を保護しなければならない、クライアントPCの保護方法がまちまち、など実にさまざまな課題が横たわっているという。こうした課題を解決するのが、今回紹介する「Avamar Desktop/Laptop」である。

 Amavarは重複排除機能を実現するソフトウェアで、今までおもにサーバーのバックアップに利用されてきた。転送するデータを複数のブロックに分割し、更新された部分のみを転送するため、ソースからデータ自体を減らすことが可能になる。そのため、「毎回フルバックアップをとるにも関わらず、ブロック単位での差分のみを転送できる」(村山氏)という。特にAvamarは他社製品のように固定長ではなく、可変長でブロックを識別するため、重複排除の効果が高いという。

可変長のブロック分割で重複排除の効果も高い

 今回のAvamar Desktop/Laptopは、このAvamarの技術をクライアントに採用したもの。バックアップデータの容量を最大1/500にまで削減でき、最大5000台のクライアントPCのバックアップを1つのシステムで運用できるという。常駐時のメモリサイズも5MBで済み、CPUの利用率も低く抑えられている。ライセンスに関しても「重複除外後のストレージ容量を基準としたライセンスになっているので、導入のコストを敷居が低い」(村山氏)となっている。

Avamarの重複除外はクライアントPCにも向いているネットワークの帯域幅を最大1/500に削減できる

 Avamar Desktop/Laptopでは、専用のGUIを追加したのが大きな特徴となっている。Active Directoryのユーザーをインポートでき、複数のユーザーをグループ化。統一したポリシーで管理を行なえる。また、エンドユーザーが容易にリストアできる仕組みが設けられており、バックアップファイルをWebブラウザから文字列で検索し、簡単にリストアできる。オンラインヘルプも充実しており、「ヘルプデスクの負担を減らすため、ユーザーがある程度自発的にできるようにしてある」(村山氏)とのこと。

 サーバーに比べて台数が多いため、サイジングが難しいという点はあるが、導入に際しては専用のアセスメントツールを使ってコンサルティングを行なうという。

 Avamarソフトウェアは186万5000円(税込)~で、Avamarを搭載したアプライアンスサーバー「Avamar Data Store」が最小構成(1TB)で343万5000(税込)となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ