このページの本文へ

3D映像は「シネマDSP」で堪能

3D対応! ヤマハのエントリーAVアンプがモデルチェンジ

2010年04月27日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
RX-V567

「RX-V567」

 ヤマハのエントリー向けAVアンプがモデルチェンジして登場した。5.1ch対応の「RX-V467」(希望小売価格4万9350円)と7.1ch対応の「RX-V567」(同6万1950円)の2機種で、どちらも6月下旬発売予定だ。

RX-V467はブラックのみ、RX-V567はブラックとシルバーの2色展開だ

従来機「AX-V565」(左)と「RX-V567」(右)のフロントパネル。若干デザインが変わっている

 どちらも3Dテレビに対応したのが大きな変更点。HDMI 1.4aの3D信号のパススルーが行なえる。またオーディオリターンチャンネル(ARC)にも対応しており、テレビとHDMIケーブル1本で接続できる。

従来機(左)と新機種(右)の背面端子部。フロント以外のスピーカー端子もねじ込み式になっているほか、出力端子周辺部が白くペイントされている。入力と出力が一目瞭然だ

 再生系の機能に関しては「ドルビーTrueHD」などのHDオーディオに同社独自の音響効果である「シネマDSP」をかけることができるようになった。また、内部のパーツなどは従来機種と同じだが、若干チューニングを変更し、音の解像感を上げるようにレンジを広げたという。

 V567では入力された映像信号のアップスケーリングに対応。テレビ画面上でのオンスクリーン操作も可能だ。

「YDS-12」

「YDS-12」

 そのほか、両機種とも別売のドックアダプター「YDS-12」(希望小売価格1万500円)を接続することで、iPod/iPhoneの音を再生することもできる。シネマDSPによるサラウンド再生や圧縮音源の音を補完する「ミュージックエンハンサー」なども利用可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画