このページの本文へ

「明るい未来を作るため」ニコ動に来た小説家、野尻抱介氏

2010年04月23日 13時30分更新

文● ノトフ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「プロの先生もニコ動に夢中なんだ」

―― 尻Pと言えばもちろん「工作」動画です。昔から工作はお好きだったんですか?

尻P ええ。小学校に入る前からずっと一貫して好きですね。ラジオ少年、飛行機少年、天文少年……という風に、一通り理科っぽいものが好きでした。

野尻抱介氏(尻P)。写真はNHK「ネット☆スター」最終回のスタジオで

―― 今はそういう作ったモノをニコニコ動画で発表されていますが、これまではお一人で作っていたという感じですか?

尻P そうですね。もっぱら自分の為に作っていました。自分が欲しいモノ、要るものを作ってた状態ですね。それがニコニコ動画で初めて人に見せるという喜びを知ったという感じです。

―― 自分が作ったモノを人に見せたいとか、願望的なものは?

尻P まあ、模型飛行機を作ったとしますと、それを模型飛行機のクラブに持っていって見せるっていうのはありますよね。ただ、広く一般に見せるっていう風なことは考えてもみない感じでした。

―― ご自身のサイトなどでは? 写真をアップするとか。

尻P やってたけど、ニコ動で見てもらう「あの感じ」とは全然違うんですよね。近況報告みたいな感じでウェブでは載せてたけど……。ウケを取ろうとか、反応を次の作品にいかそうとか、そういうことは考えなかったですね。

野尻抱介氏としての公式サイト

―― とはいえウェブサイトなりブログでも、載せれば反響はありますよね?

尻P そうですね……あるっちゃあるんですけど、「ニコ動的」な反応じゃないんです。自分のサイトに載せているのは「私、こんなことしてますよ」という自己紹介的な感じなんですよね。ニコ動で見せるっていうのは「ショー」って言うのかな。全然考え方が違ってくるんですよね。

―― いつごろからニコニコ動画はご存知でしたか?

Image from Amazon.co.jp
ロケットガール 1 限定版 [DVD]

尻P β時代から見てたんですけど、正直に言うとその頃は、自分の「ロケットガール」というアニメ化された作品があって、そこに入るコメントを読むのが楽しみでした。

―― えっ! それ、自分のアニメが違法アップロードされてた状態なんですよね。

尻P いやまあ、そうなんですけど。作品、アニメがどういう風に評価されるかを見る方が楽しかったんですよ。

―― その後、ご自身で制作された初音ミクの動画をアップされるわけですが、すぐに野尻さんだってことがバレたんですか。

尻P あれは……自分でバラしちゃったんですね。もともと匿名って嫌いだし、いずれバレるに決まっているのに、隠していて見つかるのはイヤじゃないですか。だから自分で野尻抱介だと明かしたわけなんですが。ただニコ動って、プロが出てくるのはちょっとはしたないなと思ってもいるんです。

―― そうなんですか!? 野尻さんはたくさん出ているのに……意外です。

尻P プロって知名度があるから、作品の出来が少々悪くても何となく再生数が伸びますよね。それってちょっとズルイっていうか、フェアじゃないと思うんです。でも、一方では「プロの先生もニコ動に夢中なんだ」っていうのが一般のユーザーの方も励みになるっていうか、ちょっと嬉しいっていうのもあると思うんですよ。だからその辺も考えた上で、ちょっとズルイけど、ニコ動を盛り上げる一助となるならばやっちゃおうみたいな。そういうことで許している感じです。

―― なるほど、当時は締め切りがありつつとかで、編集に気まずいとか?

尻P いやー、気まずいですよ。今でも気まずいです(笑)。慢性的に編集部には迷惑をかけっぱなしなので。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン