このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第96回

止まらぬ衝動買い!! LAMYの「ダイアログ3兄弟」を制覇

2010年04月22日 14時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ペンを出すと、クリップが本体に沈む

 ダイアログ2は、シリーズで統一しているピーチ材の専用ケースに入って出荷される。ケースを開けると、全長約150mmの実物が現れる。ステンレスの表面をロジウムコーティングしたそのボディーは、マットな質感で高級感が伝わってくる。芯先を上にして逆さまに立てると、ミサイルのようなイメージだ。

 本体には、標準的なラミーのローラーボールリフィルが同梱されており、購入者が自分でこのリフィルを取り付ける。試し書きしてみると、ローラーボール独特の滑るような感覚が伝わってくる。同じシリーズでも、ダイアログ1の油性ボールペンの筆圧を要求する書き味とは大きく異なる感覚だ。

すべてのダイアログシリーズには、共通のピーチ材の専用ケースが付いてくる完全にアルミパックされたローラーボールのリフィルと解説書が同梱される
トリッキーなリフィル交換の必要なダイアログ1に比較して、ダイアログ2のリフィルの装着は極めてノーマル。ごく普通のボールペンと同じ方法だ標準添付のリフィルはブラックで、装着後即、超スムースに紙の上を滑ってくれる

 ダイアログ2は、のちにダイアログ3でも採用した沈動式クリップを採用している。クリップは携帯時には便利な機能だが、鉛筆を筆記具の理想形と考えるなら、筆記時にはただの邪魔な出っ張りだ。そこでダイアログ2は、本体を捻ってペン先を出すついでに、クリップが本体に沈み込む仕組みを盛り込んだ。

通常の携帯時はクリップがせり出してスーツの内ポケットなどに簡単にクリップできる本体を捻ってペン先を出した状態では、クリップが沈動し、出っ張り感がなくなる。傾いたテーブル上に、うっかり筆記状態で放置してしまうと、運が悪ければ回転して落下する危険性がある

 何年かおきに発表されるダイアログシリーズだが、今までに、油性ボールペン、ローラーボール、万年筆が登場してきた。一般的な筆記具の分類から言うと、今、ラインアップに欠けているのはシャープペンシルだろう。

 ただし、シリーズが4種類で終わるのも日本人的にいい感じがしないので、5番目に「多機能ペン」を発売して締めくくってほしいところ。まだまだ衝動買いは続くだろう。


今回の衝動買い

アイテム:ラミー「ダイアログ2 ローラーボール」
購入価格:2万6250円


T教授

T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。

 

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン