このページの本文へ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情2010第5回

知ったかできるパーツ基礎知識【お買い物実践編】

2010年04月23日 13時30分更新

文● G&D Matrix

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さて、ここからは秋葉原にある主要な自作パーツショップを紹介していきたい。今回はあくまで初心者向けというのがテーマのひとつとなっているため、明らかにハードユーザー向けとも思えるようなショップは、あえて紹介していないのでご了承いただきたい。

パソコンショップアーク

 メモリの取り扱いでは自他共に認める秋葉原ナンバーワンのショップだ。同店が正規代理店でもある国産ブランドSanMaxをはじめ、常時約400種類のメモリを販売中だ。メモリに関することなら、まず同店をといっても過言ではない。加えてフラッシュメモリの価格も安く、自作ユーザー以外の携帯/デジカメ用に訪れるお客が多いのも特徴。
 また、マザーボードはMini-ITXからATXの最新モデルまで取り揃えている。ビデオカードはAGP/PCIといった旧モデルから、こちらも最新GPU搭載モデルまで取り扱い、ラインナップは非常に豊富。SSD/HDDといったストレージデバイスの取り扱いも秋葉原では1、2を争う。
 なお、余談だが、同店では最新パーツの入荷が多く、しかも早い。そのため、アキバ系メディアにとっても重宝するショップとして有名だ。さらに同店にはPCゲームソフトと関連デバイスの専門店という側面もある。初心者ユーザーにとってはびっくりするようなハイエンドゲーミングマウスやマウスパッドが所狭しと陳列され、デモ機も多く用意されている。いきなり購入する前にじっくりと触ってフィーリングを確かめてから購入することも可能だ。

通称「パーツ激戦区」からは少し離れた末広町寄りにあるアーク。せっかくアキバまで買い物に来るのなら是非とも一度は立ち寄りたいショップのひとつだ

秋葉原ナンバーワンの種類を誇るメモリ。ノートPC用からサーバー/ワークステーション向けまで、メモリなら何でも揃う

アキバを日々取材する筆者だが、内心、同店のマザーボードとビデオカードの豊富さはアキバ一ではないかと思っている。新製品を探すなら絶対に外せないショップだ

店内を奥へと進むと、PCゲームソフトや関連デバイスの専門店へと様変わりする。「ゲーミング」と名のつくアイテム(マウスやキーボード、マウスパッドその他)の品揃えも、やはりアキバで一番だから驚きだ

【店舗データ】
WEBサイト:http://www.ark-pc.co.jp/
住所:東京都千代田区外神田 3-16-18 (GoogleMap)
電話番号:03-5298-7020
営業時間:平日 11:00~19:00/土日祝祭日 10:30~19:00


クレバリー1号店

 アキバ地区では全3店舗(高田馬場にもある)を展開するクレバリーの1号店。「パーツ激戦区」のど真ん中に位置するショップだ。自作パーツは一通りそろえる同店だが、特にチェックしたいのはビデオカードと入口正面の棚に用意されている特価品だ。昔に比べるとかなり減ったバルク版のビデオカードだが、クレバリーでは同店オリジナルブランドを含め、今でも多数を取り扱い中。コスト優先のユーザーにとっては外せないショップとなっている。また特価品が豊富な点も見逃せない。素通りしたくても、ついつい覗きたくなってしまうようなお買い得アイテムが、入口正面の棚に陳列されているのだ。
 店舗は2階建。その2階ではCPUやメモリ、HDDといったパーツ類のほか、比較的安価なPCケースやクーラーなどの小物を販売している。オリジナルブランドのケーブル類は安くて種類も豊富。自作する際の手助けになるのは言うまでもない。

左右正面はす向かいは全てPCパーツ関連ショップという「パーツ激戦区」中心部にあるクレバリー1号店。パーツを買いに行けば必然的に店頭を通ることになる

同店を一言で紹介すると「バルクビデオカードの豊富なショップ」。リテールパッケージ版より数千円安い場合だってあるのだ

落ち着いた雰囲気が漂う2階フロアではCPUやメモリ、HDDといった主要パーツや小物類を取り扱う

同じく2階のケースコーナー。売れ筋モデルはもちろん、意外な価格で販売されている安価なPCケースに出会える可能性も高いので侮れない

【店舗データ】
WEBサイト:http://www.clevery.co.jp/
住所:東京都千代田区外神田 3-13-4 (GoogleMap)
電話番号:03-5294-2088
営業時間:平日土 11:00~20:00/日祝祭日 11:00~19:30


クレバリー2号店

 ある意味非常にアキバらしいショップである。なにせ、マウスとキーボードの専門店なのだから。キーボード展示数は、日本一を誇る200種類以上。実際に壁一面に用意されたサンプル品は、自作初心者でなくとも驚きの一言。特にフィーリングが重要なパーツであるキーボード、マウスが実際に触って確かめられるというのは嬉しい。1000円を切るような安価なキーボードと2万円もするような高級キーボードの違いを肌で感じることができるのだ。PC本体に予算をかけるのが悪いとは言わないが、上級者になるほど普段から一番接する機会が多いキーボードやマウスにこだわるものだ。自作PCを作るのなら、じっくりと吟味して自分に合った入力デバイスを選択していただきたい。

メーカーイベントの会場でもお馴染みのCAFFE SOLARE(カフェソラーレ)LinuxCafe秋葉原のすぐ横という好立地。間口は小さいものの、奥に進むにつれマウスとキーボードの未体験ゾーンが展開される

見よ、この壁一面に用意されたキーボードのサンプル数を。全て実際にタッチしながら感触を確かめられるのだ。キーボード好きにとっては至福の空間ともいえる

もちろんマウスの取り扱い量もハンパではない。メーカー製はもちろん、下段のカゴには一見無造作な感じすら受けるバルク版のマウスがこれでもかと販売されている

オレンジカラーが特徴的なクレバリーブランドのマウスもご覧の通りのラインナップ。全体的に安価なのがポイントで、予算制限のある自作ユーザーにとっては嬉しい味方となってくれるはずだ

【店舗データ】
WEBサイト:http://www.clevery.co.jp/
住所:東京都千代田区外神田 3-13-2 (GoogleMap)
電話番号:03-5296-1775
営業時間:平日土 11:00~20:00/日祝祭日 11:00~19:30

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中