このページの本文へ

米Parallels、GoogleサービスをPlesk 9.5に統合

2010年04月16日 06時44分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Googleは2010年4月15日、米Parallelsが販売するサーバホスティングの自動化コントロールツール・PleskにGoogleサービスが統合されたことを公式ブログで発表した。

2009年3月に発表した"Google Services for Websites"を利用したもの。Plesk 9.5管理画面から、Google AdSenseやGoogle Custom Search、Googleウェブマスターツール、Google Web Elementsなど、Googleが提供する各種サービスに直接アクセス可能になる。統合により、たとえばウェブマスターツールは自動的にホストしているドメインを登録するなど、設定作業も一部自動化されている。

Google Web Elementsは新たに追加された機能の1つで、Googleビデオや地図、カレンダー、Orkut、スプレッドシートなどGoogleにホストされた各種コンテンツを簡単にサイトに埋め込める機能。また、サイトの応答速度を最適化するためのサーバコンフィギュレーションを提供する。

Google Services for Websites
http://www.google.com/webmasters/provider/


Webmasters - configure Google services at your hosting panel
http://googlewebmastercentral.blogspot.com/2010/04/webmasters-configure-google-services-at.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く