このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第95回

目立ちすぎる時計「G-SHOCK MAN BOX」を衝動買い!!

2010年04月15日 12時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

テクノロジーとアートが融合した傑作

 G-SHOCK MAN BOXは、イラストレーターの中野シロウ氏による「G-SHOCK MAN」を忠実にフィギュア化。ポップなカラーリングのG-SHOCK腕時計とセットにして、スペシャルボックスに入れたという商品になる。

G-SHOCK MAN(左)と腕時計のキッティングBOXで販売される

G-SHOCK好きと、中野シロウ氏のファンなら絶対に揃えたいアイテムだ

 G-SHOCK MAN BOXのベースであるHyper Colorsは、明るくポップなカラーが特徴のシリーズだ。単色でも強烈な視覚的インパクトだが、G-SHOCK MAN BOXではさらにHyper Colorsモデルの各々に採用されている極めて鮮烈でユニークな色をすべて寄せ集めてしまった。一見して「ウルトラ」カラフルなことが分かる。

 もちろん見せかけだけではなく、G-SHOCK本来のデュラビリティー(耐久性)を実現すべく、筐体はかなりタフな仕上がりだ。テクノロジーとアートを融合し、そして世界に向けてジャパンカルチャーを強く打ち出すスペシャルモデルと言えるだろう。

ベルトループ(グリーン色)だけが、全体の素材と異なり、マットな表面処理で多少の違和感を感じる。しかし経年劣化する部分を取り替え可能にするのは、タフを目指す製品の場合、当たり前の選択だろう

ベースモデルとなったHyper Colorsに比較すると、時刻の視認性が落ちる。視認性を取るか、目立ち度を取るかを悩むなら、G-SHOCK MAN BOXは選択対象から除外すべきだ

厚みはあるが、装着感は悪くない。立体的な文字盤は、太陽の光を浴びて光る宇宙ステーションのようだ

液晶も背景色の異なる2種類のモノを採用。何事も妥協せずに徹底することはスペシャルモデルの基本だ

G-SHOCK MAN BOXの購入に先立ち、同じく衝動買いしたG-SHOCK Hyper Colors(左側のブルーカラー)。外観デザインはまったく同じ

 超個性的モデルなので、当然ながら好き嫌いが極端に別れるだろうが、このトライアルはG-SHOCK以外のブランドでは決してなし得ないことだろう。例えカオスであっても、既成のブランド概念を飛び越えた「押し出しの強さ」を持っているのが、本当のG-SHOCKのブランドパワーなのかもしれない。


今回の衝動買い

アイテム:G-SHOCK MAN BOX
価格:1万9950円(Amazon.co.jpにて購入)


T教授

T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。

 

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン