このページの本文へ

サーバーとネットワークを見守る

GMO-HS、「AlertMe」の取次販売・再販パートナーを募集

2010年04月13日 05時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月12日、GMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)はサーバーおよびネットワーク監視サービス「AlertMe」有料版の取次販売・再販パートナーを同日から募集すると発表した。

AlertMeが提供する機能

 AlertMeは、顧客のサーバおよびネットワークの稼働状態を24時間体制で監視し、障害発生時には顧客へただちに通知するサービスで、Webサイトやサーバーを運営しているユーザーであれば、個人・企業を問わず利用できる。取次販売・再販パートナーの募集は本サービスの販売拡張を目的とするもので、AlertMeを自社製品やサービスと組み合わせて紹介して取次報酬を得る「取次販売」、自社ブランドとしてAlertMeを再販する「再販」とを募集する。

 AlertMeは無料版の「フリープラン」を提供しているが、有料版の「プロプラン」では監視間隔が最短5分が3分に、監視ホスト数は10個が20個に、監視項目も10個増え20個になった。そして、ポート監視とSSL通信にも対応する。おもな管理機能と監視項目は下記のとおり。

管理機能
 管理画面、管理ユーザー作成・管理機能、監視ポリシー設定機能、障害情報および統計情報表示機能、統計レポート生成機能、障害検知時のメール通知機能、監視拠点の選択機能(5月導入予定)など
監視項目
 ping監視、ポート監視、サービス監視(DNS監視、FTP監視、HTTP監視、HTTPS監視、POP3監視、NTP監視、IMAP監視、SMTP監視、SSH監視)、コンテンツ監視(DNSレコード監視、URL監視、キーワードチェック、ステータスコード)、SSLサーバ証明書有効期限監視など

 AlertMeの初期導入費用は3万1500円で、月額料金は3150円。また、ユーザーアカウント追加時の料金は5ユーザーごとで月額1050円。監視対象ホスト追加時の料金は、10ホストごとで月額1575円。監視項目追加は、10項目ごとで月額1050円だ。

 GMO-HSでは、AlertMeの取次販売・再販サービスによって「サーバーおよびウェブサイトの稼働状況を日常的に監視する業務に携わるサービス事業者やホスティング事業者、ウェブサイト制作会社、サーバー管理に携わる運用担当者に最適かつ安価なソリューションを提供する」としている。詳細については、問い合わせのこと。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ