このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2人のデベロッパーに聞く、iPhoneゲーム開発のホンネ

2010年04月12日 12時00分更新

文● 倉西誠一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

7.御自分がリリースしてきたアプリを1本、コアなゲームファンにオススメするとしたら、どれでしょう?

 「i節分」(価格:無料、iTunes Storeで見る)です。季節に合わせてネタアプリのつもりで作ってみたら、意外と好評価でびっくりです。もう時期外れですが……。

i節分。画面下の「家」に迫ってくる鬼に豆をぶつけて退治していくゲーム。福の神を画面下に入れると豆がパワーアップして一度に打てる数が増える


8.御自分がリリースしてきたアプリを1本、女子中学生にオススメするとしたら、どれでしょう?

 「ルクちゃんのケーキやさん」(価格:230円、iTunes Storeで見る)。かわいいウサギのキャラクターが特徴です。某「ポケットべガス」でも大人気!

ルクちゃんのケーキやさん。同じ種類のケーキを縦横に3つ揃えていくゲームで、各柄を指定された数だけ揃えればクリアーだ


9.御自分がリリースしてきたアプリを1本、主婦の方にオススメするとしたら、どれでしょう?

 「のののののの~ゲシュタルト崩壊~」(価格:115円、iTunes Storeで見る)。間違え探しなので、簡単に遊べます。主婦といえば「の」だって、婆ちゃんが言ってた。

のののののの~ゲシュタルト崩壊~。画面に同じ文字が並ぶ中で、反転状態のものを見つけ出すというゲームだ


10.御自分がリリースしてきたアプリを1本、オランウータン(ある程度は知能のある生物)にオススメするとしたら、どれでしょう?

 「歩行者信号機」(価格:230円、iTunes Storeで見る)。青の時にエサを与え、赤の時は与えない。これで学習能力を付けていきます。むしろその為に作りました。オランウータンをお飼いの皆様、お試しください。

歩行者信号機。その名の通り、信号の点滅やサウンドなども含めて、歩行者用の信号機を再現したアプリだ


11.今後の抱負をお聞かせください。

 あなたの記憶の片隅にヘドロのような違和感を残すようなアプリを作っていきたいと思います。ぜひ不安を感じてください。


12.最後に、弊誌読者に御自身のアプリをアピールしてください。

 可哀想な子を扱うようなやさしさでお願いします。やさしくしてください。


筆者紹介──倉西誠一


石川県金沢市出身の元・電撃PlayStation編集長。著書は「モンスターハンター」シリーズのプレイログである「狩られ道」「狩られ道豪黒毛」(いずれもアスキー・メディアワークス)だが、最近はすっかりiPhoneゲーマー。Twitterアカウントはkararemichi



■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中